20代介護職が未経験の異業種へ転職!メリット・デメリットを徹底解説

介護の転職

高齢化社会に伴い、介護業界はこれからどんどん需要が見込まれる業界になっています。しかし、離職率も非常に高く長続きする人が少ない業界ともなっています。つまり、介護業界から別の業界へ行こうとしている人も非常に多いということなのです。

それを踏まえた上で今回は介護職からの転職を考えている20代の人たちに向けて最低限しておいてほしいことやメリットデメリットについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

20代介護職が異業種に未経験でも転職できるポイント

790c06fb7f33e0458b2f62e56425473e_m

20代は成功できる可能性が秘めている

まず最初に浮かぶのは、未経験で転職そのものができるのかどうかでしょう。これは20代という若さを生かすことができるので、間違いなく転職できる可能性は非常に高いです。

そこでポイントとなるのが探し方なのですが、基本は「未経験OK」「未経験歓迎」と記載してあるものとなりますが、管理職や高収入、年収アップを望むのであれば、初めから将来性のある人気の高い職場に転職することを強くおすすめします。

多少「難しい、無理」と思う職業であっても、年齢的にリスクはほぼ無く、失敗してもすぐ軌道修正が可能なのが20代の魅力なのです。人生は1回きりです。自分の好きなことをできる時になんでも挑戦しましょう。

男性、女性ともにスキルや資格が無くても正社員として飛び込むことができる職業もたくさんあります。大切なのは、まず自分がやりたい仕事を見つけること、ここで「とりあえず給料さえ貰えれば何でもよい」という考えが基本になってしまうと仕事を続けられる確率が減ってしまうでしょう。

まずそのような人たちは必ず自分がやりたいことはなんであるかを確認してください。人とコミュニケーション取るのは好きだから接客関係の仕事に就きたいとか、パソコン作業が好きでデスクワーク系の仕事に就きたいと考えるのもいいでしょう。

希望する環境を明確にする

失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、20代で介護職からの転職を考える場合に思考の先頭に立つのは「介護職よりも楽な仕事に就きたい」というものが多くなりがちだと思います。その考えを否定する気持ちは全くありませんが、この「楽」というのを明確にしないでなんとなく「楽な気がする」という考えで仕事を探すのははっきり言ってお勧めできません。必ずこの「楽」の部分を明確にしましょう。

明確にすると言う人のは、例えば「今までの職場は人間関係で苦労したのでもっとアットホームな場所に行きたい」とか「あまりにも仕事が酷で体がもたないから、せめて夜勤をなくしたい」とか「休日出勤が多すぎるから毎週2日をしっかり休みたい」などをはっきりと口に出せるようにすることが大切です。

20代男性女性の介護職が転職するメリット・デメリットは?

転職を考えた場合に、まず目標をしっかりと決めた上で、メリットとデメリットも理解してもらいたいと思います。

この部分はどの業界に進むかでだいぶ変わってきますので、多少大雑把なものになってしまいますが、転職を考えている方の少しでも助けになればと思い記載していきます。

20代介護士が転職するメリット

メリット
  • 異業種でも成功できる可能性が高く、将来性のある職業に転職することができる
  • 夜勤や腰痛などで体力的に辛く厳しいと感じて転職を考えているなら、デスクワークの方向に進めば肉体労働の不安から解放される可能性が高い
  • 休みが全くとれない不安な介護職に就いていた場合は、しっかりと休みが取れやりがいのある職場に転職できる可能性が高い
  • 人間関係に悩んで苦労していた人は心機一転できる

簡単にいくつか記載しましたが、メリットはこのようなところでしょう。まず介護職に進んだ理由が、自分の進みたい仕事に就職できなかったから繋ぎで就職した場合は、転職のチャンスがあるなら本当にやりたい方向に進むことが間違いなく正解です。

働いている人は多かれ少なかれ必ず働き続けるための妥協点をもっているのですが、それが好きな仕事だった場合はその妥協点に「この仕事が好きだから多少辛くても耐えられる」といったやりがいが加えられ仕事を長続きさせる確率が間違いなく上がります。ですので、早めの転職をお勧めしたいです。

次に肉体的に辛くて不安なため転職したいという人は、休みがとれないとか、夜勤が多いとか、肉体労働が多すぎるなどといった厳しい理由があるでしょう。こういうケースは次の転職先がパソコン作業などのデスクワークが中心の仕事を見つければ、決まらないと思い悩んでいた転職を成功させることができます。

さらに人間関係に疲れた人は、一度人間関係をリセットすることができるため、新たな職場で新しい人間関係を築けるようになり心機一転できるでしょう。

20代介護士が転職するデメリット

デメリット
  • 高齢化社会になり需要が非常に高まるため、介護業界のほうが将来が明るい可能性が高い
  • 新たな職場を適当に選んでいた場合、予想外の苦痛に苛まれる可能性が高い
  • 自分の経験を全く生かせない可能性がある
  • 働き先を選べない可能性がある

デメリットは簡単に上げるとこのようなところでしょうか。まず介護業界は超高齢化社会に向かっているため、これから更に需要が多くなり、経験を活かせる可能性が高くなるでしょう。しかし、他の業界に進んだ場合、同じような伸びは期待できない可能性が高く、仮に失業した場合ニーズが少なく同じような働き口がほとんどない可能性があります。

次に、もしただ単に介護より楽な仕事がしたいと思って転職した場合は、必ずなんらかの肉体的苦痛か精神的苦痛にぶつかって追い詰められてしまうでしょう。そうなったら再び転職してしまう可能性が出ます。

また、未経験に飛び込むなら自分の経験を生かせない場合があることも考慮してください。いわゆる完全な新人になるので自分が培ったものが全く通用しないというのは当たり前のことと受け取ってください。

さらに、自分がどの業界に進みたいのかはっきりしていたとしても、その門が非常に狭まっていて経験者しか優遇していないケースも非常にたくさんあるのでそもそも働き先を選べないこともあるでしょう。

20代介護職におすすめ人気!異業種の転職先は?

c7a7f86246bb695203a3ae3fe73c06ce_m

介護で得た経験を活かせる仕事とは?

おすすめできるのはある程度自分が培った経験を活かせる職場になります。この経験を活かせるかどうかがポイントで具体的には男性の介護士であれば営業・接客・サービス業といったもの、女性の場合は接客・事務・サービス業といったところでしょうか。

20代であれば未経験の業界でも、年齢のおかげで飛び込んでいける可能性が高いのでそれ以外にも自分がやりたい職場に食い込める可能性は高いです。

しかし介護職で身に着けられた体力・精神力・コミュニケーション能力を活かせる仕事を目指せば就職できる確率は間違いなく就職することができるでしょう。

20代男性女性なら多種多様な職種へ転職が可能

実際に20代介護士が転職した職場の例としては、

  • 飲食業
  • アパレル、デザイナー
  • WEBプログラマー、エンジニア
  • 看護師、准看護師
  • 営業
  • ゲーム業界
  • 保育士
  • パティシエ

など介護で得た接客を生かしたサービス業が目立ちますね。まずは、必ず自分のやりたいことは何なのかを明確にしましょう。

そうすれば男性女性問わず、自分が希望する職業へ就職することができ、新たな1歩に繋がります。

おわりに

今回は介護職から20代の人たちが転職する際の注意点やメリット・デメリットについてお伝えしました。まだ、20代であれば未経験でも飛び込んでいく余地が間違いなくあるため若いうちに本当にやりたい仕事に突き進んだ方がいいでしょう。

仕事を辞めるという決断ができずにいつまでもだらだらと仕事を続けていると、モチベーションが失われて気が付けが30代なんてこともよくあるので、やりたいことがあるなら急いで舵を切った方がいいです。

ですが、安定志向が強い人は転職をしたくてもできない方もいるでしょうが、それも間違いではありません。必ず転職をする際にはメリットだけでなくデメリットにも注目するようにしてください。

当サイトが厳選したおすすめ異業種求人・転職サイト
異業種へ転職されるなら求人サイト選びは非常に重要です。
  • 介護よりも高収入でやりがいが持てる
  • 人間関係の良い職場へ就職できる
  • 20~60代の元介護士が活躍中
  • 面接サポートや給与交渉してくれる
  • 未経験・初心者でも働ける職場が見つかる
自分の条件に合った職場に就ける可能性がかなり高まります。ぜひ参考にしてください
人気異業種転職サイト

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で