20代から介護職に転職|メリット・デメリット・成功ポイントと注意点を解説

20代介護転職 転職マニュアル・ノウハウ

社会での勤務経験が少ない20代での転職は、未経験の仕事への転職が多いことでしょう。
中でも、求人が多く未経験からでも挑戦できる介護職を、転職先の選択肢として考える人は多いと思います。

第二新卒やフリーターなどから、介護職へ就職・転職するのはどんなメリットやデメリットがあるでしょうか。
また、どんな点に注意して転職先を選べばいいか、など20代の介護職員の現状も含めて調べてみました。

20代介護職員の労働現状

20代男女別の就業率

介護・福祉分野で働く、サービス提供責任者、看護職員、ケアマネジャー、生活相談員・支援相談員、PT、OT、ST等、管理栄養士・栄養士、福祉用具専門相談員、介護職員、訪問介護員の9職種の職員合計のうち、20代の就業率は男性で24.5%、女性で9.7%と、男性が女性の約2.5倍となっています。

 20~29歳30~39歳40~49歳50~59歳60歳以上
男性24.5%34.8%18.7%10.7%8.6%
女性9.7%17.9%25%25.6%19%

出典 介護労働安定センター

20代職種別の就業率

20代男女の就業率を特に介護職員と訪問介護員についてみると、介護職員では19.0%、訪問介護員では4.4%でした。

介護職員の各年代別での就業率では一番多い30代についで、40代、50代と続き、20代は4番目で、訪問介護員では若い年代ほど就業率は少なく、一番少ない20歳未満についで、20代は2番目に少なくなっています。

 20~29歳30~39歳40~49歳50~59歳60歳以上
介護職員19.0%24.0%22.4%19.7%12.0%
訪問介護員4.4%11.5%22.9%27.5%31.6%

出典 介護労働安定センター

20代が介護職で働くメリット

無資格・未経験でも働ける

無資格・未経験でも就職できるのが、何よりのメリットです。

人手が不足しがちな介護職ではどこも人材を求めていて、未経験者にも長く勤務してもらえるよう、手厚い研修体制が整っている職場も多くあります。

働きながら資格が取れる

20代の人が自分の力で何か仕事の資格を取ってスキルアップするのは、資金や時間が必要で難しいものですが、介護施設の中には、未経験で就職した職員に資格取得の補助をしてくれたり、さまざまな研修を行って職員のスキルアップを推進しているところもたくさんあります。

将来的に役立つ資格を、働きながら取得できるところは、介護職で働くメリットです。

働き方を選べる

介護の仕事は昼・夜の交替制で働くことが多いですが、職種や勤務形態はいろいろあるので、自分の時間を優先する働き方を選ぶことができます。

例えば、夜勤だけの「夜勤専従」という働き方だと、夜間の賃金は日中より高いことから、週に何日か夜勤だけの勤務でひと月の月給額を賄うことができます。

やりたいことや夢があって、働きながら活動したいという人には、勤務形態がいろいろあるのが介護職のメリットといえるでしょう。

将来性がある

介護職は無資格で入っても徐々に上位の資格を取得していくことで、管理者などの役職を目指すこともできます。

上位の資格ほど資格手当も上がり給与額も増えるので、努力が反映されやすい仕事ともいえます。若いうちに経験を積んで資格を取得することで、良い条件で長く働くことができますし、女性の場合は結婚や子育てで一度仕事を離れても、再就職もしやすいのがメリットです。

20代が介護職で働くデメリット

体力の要る仕事を任されがち

介護職には働き盛りの年代に比べ体力的に劣る、50代60代といった年齢の職員も多くいます。そのため、20代で若いということだけで、体力が必要な仕事を任されることが多くあるようで、無理をさせられることもあります。

人付き合いが難しい

介護職員の年齢幅は各年代に渡って広く、20代には理解できないような価値観の人もいます。

特に、これまで周りに自分と同年代ばかりだったという人にとっては、年齢の高い同僚の注意や指導が、親以上に口うるさく感じたり面倒に思えて、とても付き合いが難しく感じるかもしれません。

新人いじめのある職場も

新人にきつく当たる先輩がいたり、ごく少数ですが新人いじめが起こるような職場もあるのが介護職のデメリットのひとつです。

就職前の説明会などで職場見学をしておくと、職員同士の雰囲気から和やかな職場か、険悪な感じかはある程度わかるので、こうしたデメリットの回避に役立ちます。

生活が不規則

介護職では日勤と夜勤の交替制勤務の施設も多く、睡眠や生活リズムが崩れやすい点がデメリットです。
若くても無理を続けると体調を崩しかねないので、夜勤明けの過ごし方や睡眠の取り方など、交替制勤務に対応した生活の工夫や、若くても普段からの健康管理が重要になります。

20代未経験で介護転職を成功させる3つのポイント

ポイント

自分に合った施設を選ぶ

介護施設には実は多くの種類があり、利用者の介護をする、という点では同じですが、施設内で行う施設介護か自宅に訪問する在宅介護か、また身体介護が中心の業務かレクリエーションや生活の援助が中心の業務かなど、違った特徴を持っています。

例えば、人前で話したり明るくイベントを仕切ったりするのが得意な人はデイサービスが向いていますし、利用者に寄り添いじっくり向き合うことが得意な人には訪問介護などが向いているでしょう。

自分の性格や得意分野を生かせる職場を選ぶことが転職成功のポイントのひとつです。

自分に合った勤務を選ぶ

施設勤務は多く場合、昼夜の交替勤務ですが、日勤のデイサービスや訪問介護、施設で夜勤のみをこなす夜勤専従など、介護職では施設の種類によって働き方にも違いがあります。

自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶことで、無理なく勤務を続けられます。

実際に職場を訪問してみる

見学会や説明会などを行っているところでは、実際に案内してもらうこともできますが、もしそうした機会が作られていなくても、面接で訪問した時にさりげなく職員や施設内の様子を見ておきましょう。

施設内の隅々まで清掃が行き届いていたり、季節の装飾がされているような職場は、余裕をもって仕事ができている、という目安にもなりますし、職員が声を掛け合っていたり笑顔が多い職場は、未経験者も安心して勤務できるでしょう。

20代未経験で介護に転職する4つの注意点

注意点

どんなところが運営しているのか確認する

施設や事業所には、自治体など公的なところが運営しているものと、民間が運営しているものがあり、どのような団体が運営しているかは、職員の働きやすさにも関わってきます。

例えば、大きな会社が経営している施設でも、利潤追求のあまりに職場の環境整備などが疎かになっているブラック職場もありますし、小さな事業所でも安定した経営をしている所もあります。

実際に働かなければわからないところもありますが、HPやパンフレット、または口コミなどを参考に、どんな理念や方針で運営しているかを知ることで、ある程度判断することができるでしょう。

待遇・条件を確認する

介護施設・事業所は、それぞれ運営母体や規模も異なるので、仮に同じ種類の施設であっても、給与や手当額、待遇が大きく異なることがあります。

求人をチェックする際に、自分の希望勤務地の同職種を比較して、おおまかな給与相場、夜勤などの手当額を掴んでおき、応募先を決める参考にします。

また、未経験なのにあまりに給与が高い、というところも転職先に選ぶには要注意です。離職が多く求人をかけても人が来ない職場では、相場よりかなり高い給与が提示されていることも多く、職場環境に問題がある可能性も高いのです。

通勤時間

長く勤めるために意外と重要なのが通勤時間です。

介護は体力的にもハードな面がある仕事で、特に未経験者では覚えることも多く、慣れるまでは大変です。通勤時間が長くかかる職場よりは、通勤時間はできるだけ短く自宅に近いほうが、その分負担が少なく済むでしょう。

資格取得制度やフォロー体制の有無

未経験で勤務するには、その後のフォロー体制の有無は重要です。

人手不足が常態化している職場だと「見て覚えて」といわれ、フォローもないまま仕事に忙殺されてしまうところもあるようです。

慣れるまで先輩職員が付いてくれる体制があったり、資格取得に積極的で制度が整っている職場であれば、未経験者でも安心して勤務できるので、ぜひ確認しておきましょう。

介護職の資格の種類

介護職の代表的な3つの資格をご紹介します。

  • 介護職員初任者研修
    介護職の基本になる資格で未経験・無資格で介護職を始めたら最初に目指すのがこの資格です。この資格を持つことで、無資格ではできなかった身体介護を行えるようになります
  • 実務者研修
    介護初任者研修の一つ上の資格です。この資格を持つことでサービス提供責任者として働くことができます
  • 介護福祉士
    上位資格であるこの資格は、介護職の中では唯一の国家資格となっています

そのほか介護の資格はまだまだたくさんありますのでご覧ください。

介護職の施設の種類

介護の施設・事業所には次のようなものがあります。

介護の仕事は職場によってそれぞれメリット・デメリットがありますので、仕事内容や一日の流れ、給料などをチェックしてみましょう。

おわりに

職歴や学歴に関係なく未経験でも就職ができる介護職ですが、自分の親や祖父母といった年代の、同僚や利用者に接しながらの仕事は、20代にとってはカルチャーショックを受けるようなこともたくさんあることでしょう。

しかし、そのような中から人生経験として得るものも多いと思いますので、転職を考えている方には、ぜひ介護職に挑戦していただきたいと思います。

必見!介護・福祉業界で転職をお考えの方

求人誌よりも介護求人が圧倒的に多い!
人間関係の良い職場へ転職できる!
相談から転職まで利用は全て無料!
さらに無料で資格取得もできる!
未経験・無資格でも働ける職場が見つかる!
自分の条件に合った職場に就ける!

転職マニュアル・ノウハウ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事が気に入っていただけましたら、シェアをお願いします
介護の123
タイトルとURLをコピーしました