介護職に30代男性が転職する!未経験でも正社員で成功できる秘訣

介護の転職

介護業界というのは実は未経験でもやる気さえあれば何歳でも就職して成功することができる職場です。今回は、どうしても今の職場に合わなくて転職したい方々にとってためになる介護職の今を確認していきます。これから介護職に転職しようとしている30代の方で、未経験でも成功できる秘訣をお伝えします。

スポンサーリンク

介護職は30代の未経験でも転職できるの?

0a4c9820dffaec1af314816692bc4f17_m

介護業界は常に人手不足

まずここが疑問になると思いますが、結果でいうと高確率で正社員として就職することはできるでしょう。実際に求人倍率を上げている大きな原因は介護関係の仕事に人が全く足りていないからです。

体力があれば30代男性でも全く問題なし

さらに介護業界へ転職する方々の未経験率が高いのは30代~40代と言われており、30代という年齢は介護業界では遅くは無いことを示しております。逆に介護業界は体力がモノを言うことが多いので、30代であればまだまだ動けますし肉体的に不利になることもほとんどないでしょう。

ですが、常に人手が足りていないということは次々と辞めていってしまうからというのが現実です。就職することは簡単ですが続けることが困難であることが介護職の現状といえると思います。

当サイト管理人の私がおすすめする介護求人・転職サイトはこちら

介護職のメリット・デメリットをまず考える

介護職に転職をする場合、介護職に対して魅力に感じる何らかのメリットがあるからというのがほとんどだと思います。たとえそれが「求人が多くて簡単に採用してもらえるから」というものであったとしても、簡単に採用してもらえるという点が最大のメリットとなっているでしょう。

では、具体的にどのようなメリットがあるのかをお伝えしていきます。

介護職のメリット
  • 高齢化社会になるため需要が非常に高まり、就職がかなり簡単にできる
  • 働き方が選べるケースが多く日勤やシフト制と選択できる
  • 正社員であっても転勤はほとんどない
  • 正社員であっても残業が少ない場所が多い
  • 管理者や経営者も不足しているため、未経験であってもその地位を狙える

まず、メリットはこれらではないでしょうか。実際に高齢化社会を止めることはできないので、これからも間違いなく需要が高まり転職への窓口も広くあり続けると思います。それに地域密着型のケースが多くほとんど転勤はないでしょう。また時間もある程度決まっており残業も少ないところが多いようです。

ですが、メリットもあればデメリットもあります。どのようなものがあるかというと。

介護職のデメリット
  • 資格なしや未経験から入ると給料が本当に安い、年収200万円はよくあること
  • 仕事が思ったよりきつい・辛いと感じる方が非常に多く、体力や精神に負担となり耐えられない人も非常に多い
  • 夜勤があり日勤にしかなれていないと体がきつい

このように記載するとデメリットは少なく感じるかもしれませんが、このデメリットが転職した方々の予想を超えたものであると、「きつい」「辛い」「耐えられない」「大変という言葉を通り越している」という気持ちとなるでしょう。

介護に理想を持ちすぎないようにする

また給与に関しても予想が全くないのに正社員になれるということのみで飛びついた場合、「年収が少なすぎる」「親もいて妻子持ちなのにこの給与じゃ無理」という厳しい現実を突きつけられてしまいます。

このようにメリットばかりに目が行ってしまい、デメリットを予想しないor上回ることがあった場合自分の理想と現実のギャップをつかれることになりすぐに辞めてしまうこととなります。

介護職になりたい方に必要なことはやりがい・覚悟

3dcda2e40ab22fe60d8bef431a16d1e0_m

介護に楽しさを探すことが大切

介護職への30代の転職は人手不足の面が非常に大きいため、おそらく簡単に転職をすることができますが、続けるために最低限そこに「やりがいを感じるか」、最初から「ある程度の覚悟をしているか」が重要となります。

例えば「この仕事は確かに給与が安いけど人に感謝されるから楽しい」と思えることや「転勤したくないからある程度つらくても耐えられる」といったはっきりとした続ける理由を持っているかどうかになります。

介護職を辞めてしまう人の特徴は?

これは、どの仕事にも言えることですが、このようなやりがいや覚悟を持っていないと続けることはなかなかできません。この点は特に「他に仕事が見つからなかったから」という理由で介護職に就職した人が注意する必要があります。

そのような方が辞める時はまず、まちがいなく覚悟を持っていなくてやりがいを見つけることができなかったからと言えると思います。

介護職はスキル向上しやすい

もしここでやりがいを見つけるか覚悟をもって介護で働けている場合には、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)といった資格を取得して給与アップなど新たなモチベーションに繋がる次のステップに踏み出せます。

実際に人手が不足しているため資格取得者も不足しており、資格取得支援を会社から受けれるケースも増えているため、続けることができればステップアップしやすい環境になってきているようです。

当サイト管理人の私がおすすめする介護求人・転職サイトはこちら

介護職の資格を取得してキャリアアップを目指す

介護職を続けることができるようになったら、年収をあげてモチベーションを保ち続ける状態をつくりましょう。そのために必要なことは資格取得になります。介護に関わる資格をいくつか挙げてみましたので以下をご覧ください。

介護なら管理職も目指していける

これらの資格に対する資格手当を会社が用意するケースも増えてきており、そこから管理職への道が開けるケースもあります。もし管理職を目指している方がいるなら、資格取得を応援している会社に入りどんどん資格をとっていきましょう。

介護の資格は早めに取得した方がいい

また、これらの資格は何度も改定が行われているようで取得難易度が上がっていっているものがあります。例えば、介護福祉士が改定前なら実務経験を3年のみで受験資格を入手できましたが、今では実務者研修の修了が義務付けられております。そのため介護職へ本気で転職を考えている方、さらには資格取得を考えている方は資格を取得しやすいうちに転職することも考慮しましょう。 

おわりに

今回は介護職に転職したい30代の方にスポットを当てて、介護職のメリットやデメリットから続けていくための方法をお伝えしてまいりました。介護職を続ける場合に最低限必要なことはやりがいを見つけることとデメリットに対する覚悟と説明しましたが、たとえそれらを備えていたとしても職場運が悪かった場合、続けることが困難になってしまうことも多々あります

例えば、人間関係。どんなに志をもって介護に理解を示して転職したとしてもどうしても自分の直接的な上司と人間的な相性が悪かった場合続けることができないケースもあるでしょう。人間関係などは事前に知ることが困難であり、いわゆる「見えない部分」であるためこればっかりは運の要素が必要となります。確かに運の要素はどうしようもありませんが、それ以外の個人の力量でどうにかできる部分、資格取得や仕事のきついなどは、やりがいや覚悟を持って乗り越えていくべきだと思います。

当サイトが厳選したおすすめ介護求人・転職サイト
介護職へ転職されるなら求人サイト選びは非常に重要です。
  • 求人誌よりも介護求人が圧倒的に多い
  • 人間関係の良い職場へ就職できる
  • 無料で資格取得できる
  • 面接サポートや給与交渉してくれる
  • 未経験・初心者でも働ける職場が見つかる
自分の条件に合った職場に就ける可能性がかなり高まります。ぜひ参考にしてください
おすすめ介護転職サイト

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で