介護の123

40代介護職が未経験の異業種へ転職!メリット・デメリットを徹底解説

(最終更新:2018年1月27日)
40代介護職が未経験の異業種へ転職!メリット・デメリットを徹底解説

高齢化社会に伴い、介護業界はこれからどんどん需要が見込まれる業界です。しかし離職率は非常に高く長続きする人もそんなにいません。ここで辞めてしまっている人たちは他の業界の事を視野に入れている人もいるでしょう。

そこで今回は介護職からの転職を考えている40代の人たちにむけての助言やメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

40代介護職は異業種に未経験でも転職できるのか?

548b3362cfc7cf90006cd23d88d142fa_m

自分の可能性を信じることが大切

まず最初に浮かぶのが未経験で転職そのものができるのかどうかでしょう。そこで探し方のポイントは「未経験OK」「未経験歓迎」「無資格歓迎」と記載してあるものとなりますが、それに付随して年齢に「30代まで」などの記載があるケースが多いのでこの年齢の壁に引っ掛からない仕事を探すことになります。

まず現実的なことを言うと40代未経験で正社員として転職することは非常に厳しいと言えます。しかし、「熱意がある」「努力をできる」「頑張れる」こういった成功できる熱い気持ちを持つことで、転職したい企業に伝わり就職できる確率が高まるでしょう。

「やる気がなかったり、覇気がない、暗そうな人」よりは、たとえスキル・資格なしであっても会社に対し熱い思いがある人を選ぶと言う採用担当者が多いです。

スキル・資格なしなら派遣も考える

40代に求められるのは経験豊かな管理職などのまとめ役のポジションなので、未経験では相当リスクが高く厳しい転職となる場合があることも肝に銘じておいてください。

40代介護士で転職した人の中には、就職して経験を積めば未経験ではなくなるため、派遣やパートから入る人もたくさんいます。そうすることでその業界で長く勤めていける確率が間違いなく上がりますのでおすすめです。

40代男性女性の介護職が転職するメリット・デメリットは?

980adaa7340ca295f267e6ef20277430_m

転職をする際に考えてもらいたいのは転職することのメリットとデメリットです。この部分をはっきり理解していないと後悔することになり、転職の失敗に繋がります。このメリットとデメリットはどのような仕事に就くかで大きく変わってきますが、一つの参考として捉えてくださいね。

40代介護士が転職するメリット

メリット
  • 介護職よりも給料が高く、昇給が見込める職業に就くことができる
  • 介護特有の人間関係から解放される
  • 夜勤で体調を崩していたり、移乗介助による腰痛から解放される

簡単にいくつか記載しましたが、メリットはこのようなところでしょう。メリットはある程度どの年代でも同じものになりますね。まず介護職は他業種よりも給料が安いのが現状です。ましてや無資格で勤続年数が少ない場合、給料は低く、昇給などもあまり期待できないでしょう。しかし他業種の場合、40代から転職しても介護職より高い給料を貰える確率は高くなります。うまく転職することができれば安定した給料を貰えることができるでしょう。

そして、介護特有の人間関係というのは、介護はチームケアが多いため、「あの人は動きが遅い」「しっかり持ってくれない」など陰口から悪口が飛び交っているところも少なくありません。また、利用者からの暴言や暴力などある場合、対応に困惑するケースも多いです。異業種に転職することでこの苦痛からは間違いなく解放されるでしょう。

介護をやっていて壱番の悩みの種といっても過言ではない腰痛と夜勤でしょう。肉体労働が無く日中の異業種へ転職してしまえばその苦痛からは間違いなく解放されるでしょう。

40代介護士が転職するデメリット

デメリット
  • 介護業界はこれからも伸びる可能性が高いが、他の業界はそうとは限らない
  • 新たな職場を苦痛からの解放のみで適当に選んだ場合、働き口がない
  • 働き先を選べない可能性が40代になると非常に高くなる

デメリットは簡単に上げるとこのようなところでしょうか。特に強調しておきたいのが40代未経験でなおかつ選んで転職しようとした場合、なかなか希望する働き先に転職できない場合があります。しかし、どうしても別の業界に行きたいという強い意志があるなら認められるケースも多いです。また、パートやアルバイト、派遣であれば高確率で働くことが出来ます。

介護業界はこれからも間違いなく伸びる業界であるので、そこから飛び出すのはよっぽどの理由が無い限りはやめておいたほうが無難といえます。半端な決意での転職は絶対にしないでください。

40代介護職におすすめ人気!異業種の転職先は?

023591400515b6a690d188eab804fef9_m

お勧めできるのはある程度自分の経験を活かせる職場となっていますが、40代未経験では年齢ではじかれる可能性が高いことも念頭に置いておいてください。

そのうえで介護職の経験とは身につけられた体力・精神力・コミュニケーション能力といったものが多いので未経験にいくならそれらの経験が少しでも活かせる仕事につきましょう。実際に介護業界からの転職は営業・接客・販売・サービス業、事務といったところが多くなっています。

40代男性女性の介護士が転職可能な職業はこちら

実際に40代介護士が転職した職場の例としては、

  • 営業
  • 飲食業
  • 物流
  • トラック、タクシー、バス運転手
  • 事務
  • 警備員
  • マンションビル管理人
  • アパレル、デザイナー
  • WEBプログラマー、エンジニア
  • 看護師、准看護師
  • 医療事務
  • 清掃
  • コールセンター
  • 工場
  • 電気工事士

など仕事は多種多様にありますが、就職するための門は限りなく狭くなっているため下積みが可能なら下積みから入るようにしてくださいね。

おわりに

今回は介護職から40代の人たちが転職する際の注意点やメリット・デメリットについてお伝えしました。

40代から未経験の仕事へ転職することは、厳しいかもしれませんが、決して不可能なことではなく、むしろ現在、介護職でストレスを抱えた状態で働いているのであれば、すぐに転職することをおすすめします。あなたに合った適職は必ずあります。

そのためにも、自分は何がやりたいのか?を明確にしてから転職することが大切です。上記で挙げた職業も参考にしてください。

また、経験を積むためにもパートや派遣社員から始めることで長期で働ける職場になりますので、転職したい職業によってどのように働くか?を考えましょう。必ず、転職することへのメリットとデメリットを考えて、転職したほうが得であるのかをよく考えて行動してくださいね。

当サイトが厳選したおすすめ異業種求人・転職サイト

異業種へ転職されるなら求人サイト選びは非常に重要です。

  • 介護よりも高収入でやりがいが持てる
  • 人間関係の良い職場へ就職できる
  • 20~60代の元介護士が活躍中
  • 面接サポートや給与交渉してくれる
  • 未経験・初心者でも働ける職場が見つかる

自分の条件に合った職場に就ける可能性がかなり高まります。ぜひ参考にしてください

人気異業種転職サイト


スポンサードリンク



 

スポンサードリンク







 

Twitter で
(最終更新:2018年1月27日)