介護職に40代男性が転職する!未経験でも正社員で成功できる秘訣

介護の転職

40代の転職は非常に勇気が必要なものであり、厳しい社会に真っ向から立ち向かう努力が必要になってきます。しかし介護業界への進出を考えている場合は、40代未経験でも就労することは可能な職場と言えるでしょう。今回は、これから新しい人生を始めようとしている方向けに40代でも転職できる介護職について、未経験でも成功できる秘訣を交えてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

介護職は40代の未経験でも転職できるのか?

344aefc14e6a44853b9d3935745d021a_m

介護は40代でも可能性がある業種

最初から本題に触れていきます。一番気になるのがまず転職が40代でできるのかどうかでしょう。ここで門が開かれていないと、転職をするというアクションそのものがとれません。

結果でいうと転職するのは可能だと言えると思います。20代や30代の人たちと比べた場合、もちろん成功確率は低くなりますが、それでも介護以外の業種に比べて転職するだけなら、40代であっても転職成功率は高いです。

40代で介護職以外の転職は厳しい?

介護職以外の業種への転職では40代ともなると実質的なリーダーや経験者を間違いなく求められることとなるので、未経験は見向きもされないことのほうが多いでしょう。

また、業界によってはこれ以降の成長をなかなか見いだせないところも多く、特に中小企業は不景気を乗り切る体力がないため次々と倒産しており新人そのものをとらない会社も多くあります。大卒新人さえいらないところが多いので、まず40代未経験では求人にひっかかることそのものが困難です。

続けることができればチャンスあり

しかし、介護業界では「給料が安い」「仕事がきつい」というイメージが非常に強くすぐに辞める人も非常に多いため現場・管理両方の面で人手不足となっているため就労するチャンスはかなりあると言えるでしょう。

ですが、なんども言っているように「転職はできる可能性が高い」けれど続けられる人は一握りです。それではどうすれば続けられるかを考えていきます。

関連記事 おすすめの「介護求人・転職サイト」はこちら

介護職のメリット・デメリットをまず考える

まず、転職を行うという行為は非常に勇気のいるものだと思います。とくにそれが今まで未経験のものとなるとさらに勇気が必要です。それでも転職を行うという方はいらっしゃいます。それには少なからず、その労力や勇気に見合ったメリットに魅力を感じたからでしょう。

それではまず介護職そのものにどのようなメリットがあるのかを考えていきましょう。

介護職のメリット
  • 高齢化社会になるため需要が非常に高まり、就職がかなり簡単にできる
  • 働き方が選べるケースが多く日勤やシフト制と選択できる
  • 正社員であっても転勤はほとんどない
  • 正社員であっても残業が少ない場所が多い
  • 管理者や経営者も不足しているため、未経験であってもその地位を狙える

考えられるメリットはこのようなものではないでしょうか、実際にこれらのメリットは就労している方で続けている人たちの意見をもとに記載しており概ね正しいと感じております。例えば、社会的に高齢者社会になることは避けられないため需要が伸びるというのは確定事項と言えるでしょう。それ以外では介護職は現地密着型のケースがほとんどであるため転勤はそんなに考えられません。

それではデメリットがどのようなものがあるのかを今度は考察していきます。

介護職のデメリット
  • 資格なしや未経験から入ると給料が本当に安い、年収200万円はよくあること
  • 仕事が思ったよりきつい・辛いと感じる方が非常に多く、体力や精神に負担となり耐えられない人も非常に多い
  • 夜勤があり日勤にしかなれていないと体がきつい

主なデメリットはこの3つではないでしょうか。数だけ見るとそんなに無いと感じる方もいるかもしれませんが、忘れてはならないのはこの業界の離職率の高さです。つまりこのデメリットが予想を超えているケースが多いということを示しています。

さらに40代となると20・30代と比べて体力が落ちたと一番感じる時期であるため、「体がきつい」というデメリットが重くのしかかってくると思います。

40代未経験の介護職で仕事を続けるアドバイス

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_m

介護は未経験の方でも「働ける確率が高く」「人手不足が続いている」「求人数が多い」職業です。そのため、実際に40代や50代でも介護職へ転職している方は現実としてかなりいます。しかし続けられる人は本当に少なく多くの人は1年以内に辞めていっているのが実状です。

1年以内に辞めてしまう理由とは?

その理由は大きく分けて二つ、「仕事が思ったよりきつい」か「人間関係がきつい」のどちらかでしょう。後者の人間関係と言われた場合、多くの職場でも、ある当たり前の事と受け止められるかもしれませんが、介護職ではそれがより厳しいようです。

実際に40代になってから、介護職に初めて転職した人たちの声の中に、必ず「変なオヤジと馬鹿にされる」「いびられる」「押し付けられる」という言葉が含まれているのです。そのためにもそのような状況に耐える覚悟が必要となってくるのです。

40代からは強い意志と覚悟が必要

統計的なデータをとったわけではありませんが、40代の未経験で転職した人は間違いなく仕事の内容に対してかなりの覚悟をもって挑んでいると思います。それでも途中で辞めてしまうということは仕事についていけなくなったのではなく、周りの人の自分に対する風当りが想像以上だったのかもしれません。

そのためにも、どんなに辛い状況であっても続けるという意志と覚悟が必要になってきます。未経験で仕事を始めたのなら、年齢に関係なく、自分が新人であることを自覚して働くことも大切です。

関連記事 おすすめの「介護求人・転職サイト」はこちら

介護職の資格を確認する

そのような環境でも必死で耐え抜いていけるなら、介護職に関係する資格を意識してみるのもいいと思います。仕事を続けるならステップアップとして給料アップを考えることは当然と言えます。そこには年齢の壁など存在しません。介護に関わる資格をいくつか挙げてみましたので以下をご覧ください。

このようなものでしょう、もちろんこれ以外にもたくさんあります。注意点としては国による資格の改定が何度も行われるようになり本腰を入れて資格難易度の見直しも考えられているという点です。

スキルアップで道は開ける

そのため、昔より資格を受講するための難易度そのものが上昇することも考えられます。それを踏まえ資格を早めに取得し、キャリアアップすることで40代であれば訪問介護事業所の管理者や老人ホームの施設長も夢ではありません。40代でも介護職であればスキルアップすることで道が開けていきます。

おわりに

いかがでしたか?今回は介護職に転職したい40代の方にスポットを当てて、介護職そのもののメリットとデメリットを見つめなおし、続けていくためのアドバイスを追加してお伝えしてまいりました。40代でわからない業界に進む場合、想像以上の覚悟が間違いなく必要となります。そこでなんとで就職したとしても、1年以上で辞めてしまっては非常にもったいないと言えるでしょう。

そのためにも、「どんなことがあっても続けていく!」という強い意志が必要となってきます。そこが最初からないと精神的なストレスにやられてしまうかもしれません、知っていて働くのと知らないで働くのではダメージの度合いがかなり違うのです。理不尽に耐えるという行為は精神的に確かに辛い時があると思います。それでも1年、2年と耐えられれば先がまちがいなく開けるため理不尽に負けないよう頑張りましょう!

当サイトが厳選したおすすめ介護求人・転職サイト
介護職へ転職されるなら求人サイト選びは非常に重要です。
  • 求人誌よりも介護求人が圧倒的に多い
  • 人間関係の良い職場へ就職できる
  • 無料で資格取得できる
  • 面接サポートや給与交渉してくれる
  • 未経験・初心者でも働ける職場が見つかる
自分の条件に合った職場に就ける可能性がかなり高まります。ぜひ参考にしてください
おすすめ介護転職サイト

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で