介護の123

介護職に50代男性が転職する!未経験でも正社員で成功できる秘訣

(最終更新:2018年1月27日)
介護職に50代男性が転職する!未経験でも正社員で成功できる秘訣

50代で転職を考えるというのは様々な事情がおありだと思います。それこそ自分の所属していた会社が震災の影響を大きく受けて人があぶれてしまった、自営業を続けていたが先を見つけられなくて一念発起した等々。

しかし介護業界への進出を考えている場合は、50代の未経験でも他の職種と比べれば就労するチャンスは多くなっています。今回は、これから新たな人生に挑む50代でも転職できる可能性のある介護職について、未経験でも成功できる秘訣を交えてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

介護職は未経験の50代男性でも転職できるのか?

98dba690e031ebb30c92bd2281e4df14_m

50代は苦戦するが希望を持てる

それではまず就労できるのかを確認していきましょう。ここが一つ目の本題です。やはり50代で未経験となると相当門が狭くなっていますが、転職することは可能です。ただし、若い人たちと比べた場合はもちろん確率は低くなるといことを念頭においてください。

基本的に50代という年齢になると会社では上役というリーダー的な位置につき命令を与えるまとめ役になり責任を負う立場となっているでしょう。そのため、50代の未経験新人ともなれば介護業界でも就職するのには苦戦すると思ってください。

本人のやる気や熱意が必須

介護業界では「給料が安い」「仕事がきつい」というイメージが非常に強くなっており、事実すぐに辞める人も非常に多い職場となっています。そのために現場・管理両方の面で人手不足となっていて面接などで本人のやる気や熱意、また体力的にも問題ない点をアピールできれば合格することができるでしょう。

ですが、知っての通り介護職というのは離職率が非常に高い職場です。つまり、続けられている人は本当に一握りとなってしまっているということを強く認識してください。そのため、次からはなんとか転職をした場合に続けていく方法を考えていきましょう。

関連記事 おすすめの「介護求人・転職サイト」はこちら

介護職のメリット・デメリットを考えること

転職をする場合に必ず考えるのはメリットです。転職しやすさ以外にもどのようなメリットがあるのかを考えていきましょう。

介護職のメリット
  • 高齢化社会になるため需要が非常に高まり、就職がかなり簡単にできる
  • 働き方が選べるケースが多く日勤やシフト制と選択できる
  • 正社員であっても転勤はほとんどない
  • 正社員であっても残業が少ない場所が多い
  • 管理者や経営者も不足しているため、未経験であってもその地位を狙える

上記のメリットは、実際に就労している方や介護職を希望している方の意見をもとに記載しており、ある程度職場によって変わってくるとは思いますが概ね正しいと言えるでしょう。

特に強く言えるのは、高齢者社会になることは避けられないため需要が高まることです。そのためこれからどうなるかわからない職種と比べれば圧倒的にこれからも就職しやすい業界となるでしょう。

それでは今度はデメリットがどのようなものがあるのかを考察していきます。ここが就労を続けるために一番のポイントです。この部分をどの程度正確に把握して、自分で理解並びに消化していかないと仕事を続けることが困難になります。

介護職のデメリット
  • 資格なしや未経験から入ると給料が本当に安い、年収200万円はよくあること
  • 仕事が思ったよりきつい・辛いと感じる方が非常に多く、体力や精神に負担となり耐えられない人も非常に多い
  • 夜勤があり日勤にしかなれていないと体がきつい

主に介護職に就職した場合のデメリットはこの3つとなります。しかし50代の高齢となった場合は職場に関わらず、年齢によるデメリットが追加されます。

年齢による追加デメリット(介護以外でも同じ)
  • 周りの人や上司が年下である可能性が大
  • 周りの人と年代が違う可能性が高く、人間関係で浮いてしまう可能性がある
  • 体力勝負となる現場の場合、体力が追い付かない可能性がある

日頃から身体を鍛える必要がある

このようなものが追加されるでしょう。この部分は50代未経験となった場合どの業種でもついてくるデメリットとなるので現実を受け止める必要が出てきます。特に体力に関して問題となるケースもあります。

介護の現場では若い人でも体力的にきつくてやめる人もいるため、ある程度の年齢ではさらにネックとなってしまうでしょう。そのために、日ごろから体力作りをして「若い人には負けない」といえるような肉体・精神の両方を兼ね備える必要が出てきます。

50代男性が未経験の介護職で仕事を続けるためには

589d82d41d41f512c5e9b15c116ffaac_m

ここが二つ目の本題です。例え転職できたとしてもすぐに辞めてしまっては意味がありません。40代や50代の人でも未経験で介護に飛び込んでいる人はたくさんいますが、辞めていく人達も大勢います。辞めていってしまうのは理由があります。

それでは、ここで「介護職」を辞めずに長く続けていくためのアドバイスをさせていただきます。

デメリットを転職する前に対策する

何度かお伝えしている通り、デメリットを転職する前からしっかり理解してください。特に高齢の方ほど、年齢によるデメリットが増えるため理解が多く必要となってきます。

変な例になってしまいますが、無防備で殴られるのとわかってて殴られるのではダメージが違うのです。これは精神的にも肉体的にも同じことであり、精神的に無防備に殴られると相当苦しいです。おそらく経験が無い場合は胸をかきむしられる思いになってしまうでしょう。

人間関係で辞める人が多いことを理解する

様々な人たちが仕事を辞めていく理由で間違いなく1番多いのは人間関係です。ここで年齢の壁による人間関係構築の難しさが立ちふさがるため、高齢の方でも多くの人たちが続けることができずに人間関係で辞めていってしまいます。

そのためにも、このような環境でも耐えられる「メンタルタフネス」が重要になります。私見ですが、辞めていった人たちの多くは肉体的にキツイのは覚悟していたと思います。

メンタルを鍛えて気にしないことが大切

それに予想外の職場での「いびられる」「年下に馬鹿にされる」「孤立する」というメンタルダメージを加えられ、肉体は大丈夫でも精神が耐えられなかったことが退職していった理由となっていると考えています。

まず大切なことは、このようなデメリットがあるということを理解したうえで最初から防波堤を立てること、つまり「何か言われても気にしない」「給料が安くても大丈夫」「まだまだ体は動ける」と思えるぐらいになるのがベストです。

決して無防備に殴られるような状態にだけはならないでくださいね。

デメリットを消化するために目標を立てる

デメリットを理解したうえで耐えることも大切ですが、耐え続けるだけではいずれパンクしてしまいます。そのためにも、前向きになる材料として目標をしっかり持つことが大切です。そうすれば様々なデメリットが消化できるようになるでしょう。

例えば「この職場しかなかったからここで離職したら終わりだ」と思うのではなく「自分は奇跡的に拾われたのだからなんとしてもくらいついていく!」と少しでも前向きに捉えてモチベーションに変えていきましょう。

プラス思考で最初の1年を乗り切る

さらにプラス材料として「続ければ資格もとれるし、ひたすら続けて資格もとって給料も上げる」と具体的な目標を立てることも重要です。ここでも「この職場しかなかったからとりあえず続けたい」と思うのではなく、続けることで資格をとるための就労条件がとれると思うようにしましょう。

このように前述したデメリットを理解して消化し、前向きとなって仕事を1年、2年、3年と続けることができれば間違いなく目標達成したと言えるでしょう。一番つらいのは最初の1年と言われているため、長く続けることができれば、精神的な負担も減りますので「勝った」と思っていただいてもいいのではないでしょうか。

関連記事 おすすめの「介護求人・転職サイト」はこちら

プラス材料として介護職の資格をとる

プラス材料として非常にシンプルなのが給料のアップです。これは数字となって表れるため間違いなくモチベーションが上がる材料となります。資格をとることに対して年齢の壁など存在しません。

それでは実際にどのような資格があるかをざっとですが紹介します。

介護職のキャリアアップを目標にする

これ以外にもたくさんありますが代表的なところはこのようなものでしょう。注意点は資格難易度の見直しが国の資格の改定によって行われるものがあるということです。これにより、時間が経過すればするほど受験資格そのものがとり難くなるものが発生します。

狙っていた資格が改定されて受験そのものができない、とならないようにしっかりと改定するという記載があった場合には受験資格が変わるのかどうかを確認しましょう。

うまくすれば資格をとることで管理職などの上を目指すこともできるかもしれないので、しっかりと資格をとることも目標に入れておきましょうね。

おわりに

50代男性でわからない業界に進むのは途方もない勇気と覚悟が必要です。介護職への転職はおそらく想像以上の覚悟をもって皆さん挑んでいると思います。それでもそのような人たちが辞めてしまっているのも事実なのです。ここで「覚悟が足りないから」とは思いたくありません、人生が間違いなくかかっているため覚悟は絶対あったはずです。

そのためにも、その思いが無駄にならないようにしっかりとデメリットに対する理解をもって、心と体が折れないようにしてください。何かはっきりとした目標があれば心は折れにくくなりますので、必ずデメリットを理解したうえで目標を見つけ仕事を続けて頂きたいと思います。

当サイトが厳選したおすすめ介護求人・転職サイト

介護職へ転職されるなら求人サイト選びは非常に重要です。

  • 求人誌よりも介護求人が圧倒的に多い
  • 人間関係の良い職場へ就職できる
  • 無料で資格取得できる
  • 面接サポートや給与交渉してくれる
  • 未経験・初心者でも働ける職場が見つかる

自分の条件に合った職場に就ける可能性がかなり高まります。ぜひ参考にしてください

おすすめ介護転職サイト


スポンサードリンク



 

スポンサードリンク







 

Twitter で
(最終更新:2018年1月27日)