介護老人保健施設

老人ホーム

介護老人保健施設(老健)は、社会福祉法人や医療法人が運営し、要介護1~5の医学的管理のもとで長期療養が必要な65歳以上の人が対象になっている短期入所施設です。

理学療法士などの指導の下、機能回復訓練やリハビリなどを行い在宅復帰を目指していきます。施設数は平成26年3月までで3500になり要介護4、5の人の入所は増加しています。

スポンサーリンク

介護老人保健施設のサービス

病状が安定しているが自宅療養が難しい人や医療や介護の必要度が高い人に対して計画に基づき、医療、リハビリテーション、介護、看護などが痰吸引や胃ろう、経管栄養、尿管カテーテル、酸素吸入など医学的措置を実施しています。

自立を支援することで在宅への復帰を目指しているため、3ヶ月ごとに入所継続判定の検討が行われます。

職員は、入所者100人に対し、医師1名、看護師9名、介護職員25名、理学療法士または作業療法士1名、介護支援専門員1名が基準になっています。

選ぶポイントとしては、きちんと在宅復帰へ向けた日常生活を送るためのリハビリテーションを行い、スタッフが充実しているかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

介護老人保健施設の入所条件

原則65歳以上の要介護1~5の人が入所可能となっています。特定疾患がある40歳以上の人も入所が可能です。また伝染をさせてしまう病気や長期間入院を要する病気の場合、入所が出来ないことがありますので確認してください。

介護老人保健施設の設備

居室では、ベッド、洗面所、テレビなどが完備されてます。

共同スペースでは、浴室、トイレ、売店、理美容室、医務室、リハビリ機能訓練ができるトレーニングルームやプール設備、ゲストルームなど充実している施設もあります。

介護老人保健施設のメリット・デメリット

介護老人保健施設のメリット・デメリットは以下になります。

メリット デメリット
  • 医療的ケアに対応している
  • 利用料金が安く経済的
  • 入居一時金は不要
  • 相部屋が多い
  • 入居待ちがある
  • 長期入所はできない

介護老人保健施設の利用料金

居室は個室と多床室(相部屋)の2つに分かれていて、それぞれの料金は以下になります。

従来型の介護老人保健施設 1日につき
  個室 多床室
  従来型個室 在宅強化型 従来型 在宅強化型
要介護1 695円 733円 768円 812円
要介護2 740円 804円 816円 886円
要介護3 801円 866円 877円 948円
要介護4 853円 922円 928円 1,004円
要介護5 904円 977円 981円 1,059円
ユニット型の介護老人保健施設 1日につき
  個室 準個室
  従来型個室 在宅強化型 従来型 在宅強化型
要介護1 774円 816円 774円 816円
要介護2 819円 890円 819円 890円
要介護3 881円 952円 881円 952円
要介護4 934円 1,008円 934円 1,008円
要介護5 985円 1,063円 985円 1,063円
部屋タイプの違い
ユニット型個室 10部屋程度に1ヶ所のリビングルームが設置されたタイプの個室
ユニット型準個室 ユニット型だが、多床室を改修きて間仕切りなどで個室にしたタイプの居室
従来型個室 ユニット型ではない個室
多床室 居室の定員が、2人以上の居室
そのほかにかかる費用
食費 食材料費+調理費
居住費 多床室 光熱費相当
個室 室料+光熱費相当

サービスの利用料金は施設によって異なる場合があります。

詳しくは市区町村の窓口までお問い合わせください。

 

必見!老人ホーム・介護施設をお探し中の方
老人ホームの内容や料金選びは非常に重要です。
  • 入居者の満足度が高い施設が見つかる
  • 職員教育が徹底された老人ホームが盛り沢山
  • 希望の老人ホームを無料で一括資料請求
  • 認知症に対応した老人ホームが見つかる
  • 初期費用・月額費用の条件が良い施設も充実
自分に適した老人ホームが必ず見つかります。ぜひ参考にしてください。
老人ホームを探してみる

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で