グループホーム

老人ホーム

グループホーム(認知対応型共同生活介護)は、社会福祉法人などが運営している地域密着型の施設です。

認知症(痴呆症)の高齢者が住み慣れた地域で、自宅と変わらない環境の中、介護職員の支援を受けながら洗濯や掃除、料理などを出来る範囲で行います。

1ユニット(5~9人)の小規模での共同生活を営みながら、自立した生活を送ることができる施設となっています。

スポンサーリンク

グループホームのサービス

グループホームの提供サービスは、食事、入浴、排泄、見守りなどの介護サービスや、洗濯、掃除などの日常生活支援、機能訓練や緊急時対応などになります。

自宅と変わらない環境の中で介護職員が洗濯や掃除、料理などのサポートを行いながら、認知症の症状を緩和させ進行を遅らせることが目的となっています。

多くのグループホームでは医師や看護士が常駐していないため、医療的ケアを行っていませんが、訪問看護ステーションと連携しているところは対応している場合もあります。

グループホームの入所条件

グループホームの入所条件は、65歳以上の要支援2・要介護1以上の認定を受けている認知症患者の診断を受けた人が対象となっています。

また65歳以下の人でも若年性認知症の診断された人は入所可能な場合もあります。地域密着型サービスのため、グループホームと同じ地域に住民票がある人が対象になります。

認知症の症状が酷かったり、他の利用者に迷惑をかけてしまう場合は退去させられることもあります。

また施設によっては、伝染をさせてしまう病気や長期間入院を要する病気、身元引受人がいない場合は入所が出来ないことがありますので確認してください。

グループホームの設備

グループホームの居室は4.5畳以上の個室になっており、ベッドや洗面所、トイレが完備されています。施設によってはトイレや洗面所、食堂、浴室、談話室などは共用スペースにあります。

基本的に壁側に居室、真ん中に食堂、リビングがあり、1ユニット(5~9人)、最大で2ユニットまであります。1ユニットに職員が1~2人配置されています。

グループホームのメリット・デメリット

「グループホーム」のメリットは地域密着型のため、入所前の生活を変えずに維持できることと、職員が常駐し常時見守りがあるため安心して生活できます。

デメリットは、認知症の症状が重くなったり暴力的になったり、超既入院が必要の場合は、退去しなければいけません。

そのほかのメリット・デメリットは以下になります。

メリット デメリット
  • 地域密着のため家庭と変わらず生活できる
  • 介護職員が常駐する
  • 小規模のため過ごしやすい
  • 自立した生活を送ることが出来る
  • 認知症の症状が重いと退去になる
  • 医療ケアは対応していない
  • 利用料が比較的高い

グループホームの利用料金

グループホームの利用料金は、初期費用が0~数百万円くらい必要になり施設や地域により様々です。そのほか、月額利用料が10~20万円くらいかかります。

内訳は、家賃や食費、水道光熱費、介護保険サービスの1割自己負担額になります。そのほか別途実費費用で多くかかるのは、オムツなどの介護用品費やトイレットペーパー、タオルなどの日用生活費などになります。 

グループホームの月々支払い例
居住費(家賃) 70,000
食費 45,000
別途実費 20,000
介護保険サービス 30,000
合計 175,000

サービスの利用料金は施設によって異なる場合があります。

詳しくは市区町村の窓口までお問い合わせください。

 

必見!老人ホーム・介護施設をお探し中の方
老人ホームの内容や料金選びは非常に重要です。
  • 入居者の満足度が高い施設が見つかる
  • 職員教育が徹底された老人ホームが盛り沢山
  • 希望の老人ホームを無料で一括資料請求
  • 認知症に対応した老人ホームが見つかる
  • 初期費用・月額費用の条件が良い施設も充実
自分に適した老人ホームが必ず見つかります。ぜひ参考にしてください。
老人ホームを探してみる

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で