ケアハウス

老人ホーム

ケアハウスとは、1990年にできた軽費老人ホームのC型になり、社会福祉法人などが運営しています。主に、特別養護老人ホームの入所を待機している人や身寄りがなかったり、家庭環境や経済状況などで家族と同居することができない高齢者が、自治体の助成を受け低料金で利用できる施設です。

ケアハウスは国税などから補助金が出るため、比較的安い金額で入所することができます。

スポンサーリンク

ケアハウスのサービス

ケアハウスの提供サービスは、大きく分けて2つあります。

  • 一般型・・・ほとんど介護が必要ない自立した人向け
  • 介護型・・・介護保険サービスを利用する要介護度軽~重度の人向け

一般型では、洗濯、掃除などの日常生活支援緊急時対応などになります。

介護型では、食事、入浴、排泄、見守りなどの介護サービス機能訓練医療的ケアなどにも対応している施設もあります。

しかし重度になった場合は、医療施設に入院になったり退去の手続きが必要になります。

ケアハウスの入所条件

ケアハウスの入所条件は、2つのサービス形態によりことなります。

まず一般型は、60歳以上の自立している高齢者で身の回りのことができることが条件となっています。

介護型は、65歳以上で要介護1以上の認定を受けている高齢者が対象となっています。

またどちらも身寄りが無く、家族と同居することが難しい人が入所可能です。また施設によっては、伝染をさせてしまう病気や長期間入院を要する病気、身元引受人がいない場合は入所が出来ないことがありますので確認してください。

スポンサーリンク

ケアハウスの設備

ケアハウスの設備は、居室内には、ベッド、洗面所、トイレが完備されています。そのほか、食堂、浴室、談話室などは共用スペースにあります。

介護型は、1フロアーにユニットタイプになっているところが多いです。

ケアハウスのメリット・デメリット

「ケアハウス」のメリットは利用料金が安くバリアフリー構造のため住みやすいです。

デメリットは、最近低価格の有料老人ホームが人気のためケアハウスの人気がなくなってきたことと、介護型の初期費用が結構かかります。

そのほかのメリット・デメリットは以下になります。

メリット デメリット
  • 利用料金が安く経済的
  • 一般型は初期費用が割安
  • 介護型は重度でも入所可能
  • 施設が少ない
  • 介護型の初期費用が割高

ケアハウスの利用料金

ケアハウスの利用料金は、

まず一般型は、初期費用が30万円くらいとお手頃価格になっています。そのほか、月額利用料が10~15万円くらいかかります。

介護型は、初期費用として10万〜100万円くらい必要になり、月額利用料は、介護サービスが加算されますので15~20万円くらいかかります。

内訳は、家賃や食費、水道光熱費、介護保険サービスの1割自己負担額になります。そのほか別途実費費用で多くかかるのは、オムツなどの介護用品費やトイレットペーパー、タオルなどの日用生活費などになります。 

一般型ケアハウスの月々支払い例
居住費(家賃) 30,000
事務費 30,000
食費 35,000
別途実費 20,000
合計 115,000
介護型ケアハウスの月々支払い例
居住費(家賃) 30,000
事務費 30,000
食費 35,000
別途実費 20,000
介護保険サービス 20,000
合計 135,000

サービスの利用料金は施設によって異なる場合があります。

詳しくは市区町村の窓口までお問い合わせください。

 

必見!老人ホーム・介護施設をお探し中の方
老人ホームの内容や料金選びは非常に重要です。
  • 入居者の満足度が高い施設が見つかる
  • 職員教育が徹底された老人ホームが盛り沢山
  • 希望の老人ホームを無料で一括資料請求
  • 認知症に対応した老人ホームが見つかる
  • 初期費用・月額費用の条件が良い施設も充実
自分に適した老人ホームが必ず見つかります。ぜひ参考にしてください。
老人ホームを探してみる

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で