介護保険の申請手続き

公的介護保険

介護保険の申請手続

介護保険サービスを利用しようと考えている方は、介護保険担当窓口に申請手続きをして頂く必要がございます。ここでは、申請前から準備しなければいけないことをお伝えします。

スポンサーリンク

持参品と主治医を確認

申請時に必要なものは?

要介護認定の申請をするには、市区町村の役所の介護保険担当窓口に行きます。職員に申請したいことを伝えて介護保険申請書に記入して終了になります。

介護保険申請書を記入するときに必要なものがあります。

  • 介護保険被保険者証(65歳以上の方のみ)
  • 健康保険被保険者証(40~64歳までの第2号被保険者の場合のみ)
  • 主治医の氏名
  • 医療機関名
  • 医療機関の所在地印鑑(介護を受けるご本人の認め印)

以上の物を忘れずに持って、主治医の情報など調べてから行きましょう。記入の際に、訪問調査時の同席の有無などが必要ですので、事前に確認しておきましょう。

介護保険申請書

介護保険申請書は市区町村のホームページからダウンロードして家で記入して持っていくことも可能です。

主治医がいない場合は、役所や地域包括支援センターから紹介してもらいましょう。

ただし、要介護度は介護認定審査会で医師の意見書をもとに審議されるため、普段から本人の心身状態を理解している医師が好ましいです。

 申請は代行が可能

どこに代行を依頼すればいいの?

本人や家族に代わって申請を以下から代行依頼することも可能です。

  • 地域包括支援センター
  • 指定居宅介護事業所
  • 病院
  • 指定介護老人福祉施設
  • 福祉用具販売事業者

ただ、各自治体により出来ない場合もありますので市区町村にご確認ください。

申請が出されると、市区町村の職員による訪問調査があります。申請してから1週間から10日以内に訪問調査の日程連絡がきます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で