介護保険の認定審査のしくみ

公的介護保険

介護保険の認定審査は最長で30日かかります。調査結果と主治医の意見書を元に市区町村から介護認定審査会で検討されます。認定審査のしくみについてご説明します。

スポンサーリンク

調査項目と主治医の意見書が重要

主治医の意見書とは?

調査が終わると、調査員は調査報告書を市区町村の役所に提出します。その後、市区町村から医師へ意見書の作成が依頼され、提出を求められます。

主治医の意見書1 医師の意見書2

そこには、

  • 現状での健康状態、治療内容
  • 心身、栄養、食生活などの状態
  • 介護に関する意見
  • 医学的留意事項や医学的意見

など、サービス計画を作成する時に必要な事柄が記載されます。

主治医の意見書の重要性とは?

基本的には普段から本人の心身状態をきちんと理解している医師に依頼するのが好ましいです。なぜかというと、主治医の意見書は2次判定で重要な役割があり、

2次審査判定に迷うとき、主治医の意見書の一番下の「その他の特記事項」に記載されている詳細な内容で区分判定が変わる場合もあるからです。

主治医がいない場合はどうしたらいいの?

緊急で介護保険サービスの利用が決まった場合や、普段病院に行っていない人はかかりつけ医を持って無いことが多いです。そのような人は市区町村に伝えることで近隣や自分に合った主治医を紹介してくれますので、相談してみてください。

関連記事 失敗しない!正しいかかりつけ医(主治医)の選び方

コンピュータの1次判定

コンピュータ判定とは?

調査報告書と主治医の意見書が揃ったところで、まず調査報告書の内容を厚生労働省作成のコンピュータ判定ソフトを使って1次判定が行われます。

このソフトは全国の特別養護老人ホームや病院に入所入院されている高齢者のデータをもとに作成されています。

したがって在宅介護を行っている認知症だけど身体能力が高い利用者は、判定結果が低く出るケースもあります。

そのため、認定には専門家による2次判定まであります。

介護認定審査会の2次判定

介護認定審査会とは?

介護認定審査会は介護保険サービスを利用したい人の審査・判定する機関です。医療、保健、福祉の学識経験者や専門家の5名で構成され、調査報告書と主治医の意見書をもとに2次判定を行います。

介護認定審査会は1日1回1~2時間程度で行われていて、多くて20~30人分の判定をする場合もあります。

このため、1件あたりに時間を掛けるところもあれば、流れ作業で行う市区町村もあり、地域によって要介護度判定が大きく違ってきます。

判定結果は30日以内

2次判定の結果が出ると、市区町村に渡り、申請してから30日以内に本人の元へ介護認定が通知されます。

もしも判定結果の前に介護サービスを利用したい場合、サービス利用できるので市区町村にお問い合わせください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で