介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

老人ホーム

スポンサーリンク

サービスの内容

 認知症対応型共同生活介護(通称:グループホーム)は、認知症の利用者が共同生活をしながら、介護職員が支援するサービスです。

グループホームでの部屋は個室になっており、5~9人の少人数の利用なので家庭的な雰囲気の中で生活できます。

職員1人で利用者3人を見る形になります。利用者は食事や入浴などの日常生活上の支援や、機能訓練などを行います。

要介護状態にならないように、日常生活の補助や心身状態の悪化を防止し、自立生活を続けれるように支援します。

対象者

要支援2の認定を受けた人

利用料金について

介護予防認知症対応型 共同生活介護(1日につき)
要支援2 830円

・若年性認知症利用者受入加算/1日につき120円

介護予防短期利用認知症対応型 共同生活介護(1日につき)
要支援2 860円

・若年性認知症利用者受入加算/1日につき120円

サービスの利用料金は地域によって異なる場合があります。

詳しくは市区町村の窓口までお問い合わせください。

 

必見!老人ホーム・介護施設をお探し中の方
老人ホームの内容や料金選びは非常に重要です。
  • 入居者の満足度が高い施設が見つかる
  • 職員教育が徹底された老人ホームが盛り沢山
  • 希望の老人ホームを無料で一括資料請求
  • 認知症に対応した老人ホームが見つかる
  • 初期費用・月額費用の条件が良い施設も充実
自分に適した老人ホームが必ず見つかります。ぜひ参考にしてください。
老人ホームを探してみる

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で