特定施設入居者生活介護

公的介護保険

特定施設入居者生活介護



スポンサーリンク

サービスの内容

特別養護老人ホームや有料老人ホーム、軽費老人ホームなど介護保険の指定施設の入居者に、施設の介護保険サービスによって食事介助、入浴、排泄や日常生活上の支援を行うサービスです。

施設スタッフが提供する内部提供型と、外部事業者がサービスを提供する外部サービス利用型の2種類あります。

対象者

要介護1以上の認定を受けた人

軽費老人ホームについて

60歳以上の人に住居を提供する低料金の施設になります。夫婦どちらかが60歳以上であれば利用可能です。条件は、おおよその日常生活ができる心身状態や、利用料金の支払い能力があることです。

・軽費老人ホーム A型

自炊をすることができない人や身寄りがない人などが対象で食事や入浴サービスなどがあります。

・軽費老人ホーム B型

自炊をすることはでき自宅で生活することが困難な人が対象です。

・ケアハウス

個室対応が多く、食事や入浴サービスが受けられます。最近はケアハウスの形がほとんどです。

有料老人ホームについて

日常生活に必要な身体介護や食事、入浴などのサービスが付いた高齢者向けの住宅施設になります。

介護保険の指定施設であれば、特定施設入居者生活介護を利用することができます。民間経営が多く、入居金が必要の施設もあります。

・短期入居生活介護

最長30日間一時的に入居することができ、入浴や食事などの日常生活上の支援を受けることができます。

・住居型有料老人ホーム

介護が必要な在宅サービスを利用することができます。特定施設入居者生活介護を受けていないため、サービス利用料が高くなったり、要介護度が高くなると住むことができません

・介護付き有料老人ホーム

施設スタッフが介護するタイプや外部事業者が介護サービスを行うタイプなどがあります。施設によって受け入れる要介護度が違ったり介護サービスが様々なので十分な確認が必要です。

必見!老人ホーム・介護施設をお探し中の方
老人ホームの内容や料金選びは非常に重要です。
  • 入居者の満足度が高い施設が見つかる
  • 職員教育が徹底された老人ホームが盛り沢山
  • 希望の老人ホームを無料で一括資料請求
  • 認知症に対応した老人ホームが見つかる
  • 初期費用・月額費用の条件が良い施設も充実
自分に適した老人ホームが必ず見つかります。ぜひ参考にしてください。
老人ホームを探してみる

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で