住宅改修

公的介護保険

住宅改修



スポンサーリンク

サービスの内容

利用者が自宅で安全に居住できるように、住宅を改修するサービスです。介護サービスの限度額と別で20万円を上限に(自己負担1割)支給されます。

一旦、住宅改修業者に全額を払い、後で市町村から9割が払い戻される仕組み(償還払い)となります。

要介護の人は引っ越したり、要介護度が3段階上がると再度20万円まで利用可能になります。

改修費用が20万円を超えると、超えた分は全額自己負担となります。ただし、市町村によっては独自に改修費の助成や貸付などを行っているところもあります。

改修には大きく分けて6種類が認められています。

手すりの取付け

  • 廊下、便所、浴室、玄関等で転倒予防や移動、移乗等の動作を助けること
  • 手すりの形状は、二段式、縦付け、横付け等があります。

段差を無くす

  • 敷居を低くしたり、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げ等になります。

滑りの防止、移動の円滑化などのための床材の変更

  • 畳敷きからフローリング等への変更等になります。

引き戸等へドアの取替え

  • 開き戸を引き戸や折り戸、アコーディオンカーテン等に取り替え、ドアノブの変更になります。

洋式便器等への便器の取替え

  • 和式便器から洋式便器への取り替えになります。

その他上記の住宅改修に付帯する工事

  • 手すり取付けのための壁の下地補強
  • 浴室の床段差解消に伴う給排水設備工事
  • 床材変更のための下地の補修、根太の補強
  • 扉を取替えるための壁または柱の改修工事
  • 便器を取替えるための給排水設置工事

利用料金について

住宅改修費
要介護1~5 20万円を限度として、かかった費用の1割を自己負担
※利用は原則として1回だが、20万円の限度内なら何度かに分けての利用も可能

高齢者向け返済特例制度とは?

住宅金融支援機構から住宅をリフォームする際に融資することができるのが高齢者向け返済特例制度です。

これは60歳以上の高齢者の方住む自宅にリフォーム工事(耐震改修工事やバリアフリー工事)を行う場合、

毎月の返済は利息のみを支払うだけの低金利となっています。

融資にはいくつかの条件がありますので住宅金融支援機構にご確認ください。

なお、増改築工事又は修繕・模様替え工事のみを実施する場合は、リフォーム融資をご利用できませんのでご注意ください。

住宅改修を利用する手順

ケアマネージャーまたは地域包括支援センターに相談

arrow_up1

住宅改修業者を交えて話し合い

arrow_up1

市町村に住宅改修の申し込み

利用者から提出された申請書類をもとに、市町村が介護保険から給付するのが適切かどうかを確認。

書類はケアマネージャーや住宅改修業者が用意します。

〈提出書類〉※市町村により異なります。

・支給申請書

・住宅改修が必要な理由書

・工事費見積書

・住宅改修後の完成予定の状態がわかるもの(写真または簡単な図など)

・工事前の写真

arrow_up1

結果通知

市町村から申請した内容が適当かどうか通知されます。

arrow_up1

工事完了

一旦、改修費用の全額を業者に支払います。

arrow_up1

市町村に住宅改修費の請求

利用者が、住宅改修にかかった費用がわかる書類などを市町村に提出。書類は住宅改修業者が用意します。

〈提出書類〉※市町村によって異なります。

・住宅改修の領収証

・工事内容内訳書

・回収後の状況を確認できる書類(写真)

・住宅所有者の承諾書(住宅改修を行った住宅の所有者が利用者でない場合)

arrow_up1

住宅改修費の支給決定

市町村は、事前に提出された書類を見ながら工事内容を確認。改修費の支給が必要だと認められれば、利用者の1割負担を除いた9割分が支給されます(20万円まで)。

住宅改修の失敗やトラブルを防ぐコツ

・複数の改修業者から見積りを取り比較する

・工事の契約は書面で交わす

・工事の追加、変更時には費用と内容をしっかり確認

・工事完成後は現場を改修業者と一緒に確認し、工事完了確認書を交わす

必見!老人ホーム・介護施設をお探し中の方
老人ホームの内容や料金選びは非常に重要です。
  • 入居者の満足度が高い施設が見つかる
  • 職員教育が徹底された老人ホームが盛り沢山
  • 希望の老人ホームを無料で一括資料請求
  • 認知症に対応した老人ホームが見つかる
  • 初期費用・月額費用の条件が良い施設も充実
自分に適した老人ホームが必ず見つかります。ぜひ参考にしてください。
老人ホームを探してみる

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で