介護離職して在宅ワークで生計を立てる!主婦でも月収10万円稼げる

介護離職

「クラウドソーシング」ということばを聞いたことがありますか?これは、インターネットを使った新しい在宅ワークの働き方のことです。

仕事の発注者と受注者の双方がサイトに登録することで、打ち合わせから、作業、納品、報酬の支払いに至るまで、実際に会社に出向いたりすることなく、すべて在宅のままネット上で行うことができる仕組みです。

育児や家事の合間に、また本業以外の副業として、初期投資の必要も無く誰でも気軽に始めることができるので、近年このような仕組みを提供する「クラウドソーシングサイト」が多くみられるようになりました。

私の妻も、そのクラウドソーシングサイトで在宅ライターを始めて約1年。始めたきっかけは、私の母に介護が必要になったことでした。母の介護と父の日常生活の手助けのため、それまで続けていた仕事を退職しなければいけなくなり、介護離職をしたのです。

その後、ヘルパーさんやデイケアのスケジュールなど、介護の環境も整い、ある程度時間が取れるようにはなりましたが、急な呼び出しに対応することもあり、以前のように働きに出るのは難しい・・。そんな時に知ったのが在宅ワークでした。登録したサイトは「クラウドワークス」

私の体験談をもとに、このクラウドワークスでの在宅ワークについて、詳しく解説していこうと思います。

クラウドワークスとはどんな会社?

登録者数は115万人、日本最大級のクラウドソーシングサイトといわれる「クラウドワークス」は、株式会社クラウドワークスが運営しています。HP等によると、会社概要は以下の通りになります。

運営会社 株式会社クラウドワークス
本社所在地 〒150-6006 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
代表取締役社長 吉田 浩一郎
設立年月日 2011年11月
株式市場 東証マザーズ 3900、2014年12月12日上場
資本金 16億9068万円
売上 8億11百万円(2015年9月期) 
従業員数 102人(2015年12月31日現在)
事業内容 クラウドソーシングサイト
「クラウドワークス」の運営
問合せ先 https://crowdworks.secure.force.com/faq/FaqInquiry

成長途中の若い会社であり、業績は赤字が続いていますが、売上げや契約件数は伸びています。発注者には大手企業や、官公庁なども他のクラウドソーシングサイトに比べ多く登録しているように見えます。会員数が日本最大級、というだけありますね。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

クラウドワークスの登録方法は?

3974fba63660ae4b7f96923bd838d8df_m

どんな人が登録しているの?

アルバイトやパート代わりに登録している初心者や主婦のほか、在宅勤務の専業ライターやデザイナーなどプロの方まで、様々な職種・立場の人が登録しています。

また普通の求人のような年齢制限は無いので、幅広い年齢の人がこのサイトで仕事をしています。登録料などは掛からず、だれでも無料で登録出来ます。

《登録方法は?》
  • クラウドワークスのサイトから新規登録欄にメールアドレスを入力。
  • メールアドレスに本登録に関するメールが送られてきますので、指示通りに登録を完了させます。(本登録が完了しないとログインできないので注意)

基本情報入力【クラウドワークス】これだけ。5分もかからず完了します。

登録の際は、本名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレスなどの基本情報をフォームに入力しますが、それらの個人情報はすべて非公開にでき、他の利用者にも知られることはありません。

ログインの仕方は?

ログイン画面からは、メールアドレスのほかFacebook、yahoo、googleのアカウントでもログインできます。ほとんどの受注者(ワーカー)は、サイト上では本名ではなくハンドルネームを使ってやり取りしています。

必要事項を登録し会員になったら、自分のプロフィールページを編集し、プロフィール画像なども加えていきます。発注者(クライアント)が仕事を発注する際の判断材料になるページなので、持っているスキルがあればその情報を載せることも、やりたい仕事を受注出来るポイントになります。

プロフィール編集【クラウドワークス】これらの公開情報は、毎回ログイン後に表示されるマイページから自分で確認することが出来ます。必要に応じてログイン情報を編集したり、登録解除(退会)を希望するときはログイン情報編集ページから、「メールアドレス・パスワード編集」をクリックして、いつでも手続きすることが出来ます。

ご利用はこちら(無料)

クラウドワークスの仕事の種類は?

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_m

登録職種は、データ入力、文字入力、記事作成、テープ起こし、ライティング、動画制作、バナー制作、webデザイン、イラスト、翻訳、ロゴ作成、内職など数多くあります。

プロ向けの専門職から、初心者でもOKのお仕事、自宅で手作業をする内職など、自分のライフスタイルやスキルに合わせて、選ぶことが出来ます。

では、それぞれの仕事内容について、みていきましょう。

ライティング系の仕事とは?

  • データ入力・文字入力
    企業が集めたデータを、エクセル等に打ち込んでいく仕事です。1文字*円というように文字単価で報酬金額が設定されていることが多く、繰り返しの作業が苦にならない人に向いています。
  • ライティング・記事作成
    ブログ用の記事や、情報のまとめサイトなどの記事を書く仕事です。文章をまとめる能力や、時に想像力なども求められます。

デザイン系の仕事とは?

2b89eb2257c3fb31cd277f28bfa19df4_m

プロ向けが多いデザインの仕事の場合、専門技術の他に著作権や商標登録についてなどの知識も必要になります。

  • バナー制作
    バナーのデザインを考え制作する仕事です。
  • webデザイン
    ホームページのデザインや構成などを考え制作する仕事です。
  • イラスト
    商品パッケージやホームページなどに使用するためのイラストを描く仕事です。
    手描きではなく、おもにイラストレーターなどのソフトを使った作業が中心です
  • ロゴ作成
    商品や企業で使われる、ロゴマークのデザインを考え、指定されたサイズで制作する仕事です。ロゴデザイン・作成のクラウドワークスでの相場は、1~2万円ほど。採用コンペ形式での募集の場合は、応募した多数の中から選ばれると報酬になります。過去のロゴ採用一覧はサイト内で見ることが出来ます。
  • 翻訳
    英・中・韓などの外国語で書かれた文章や、メールなどを翻訳する仕事です。専門職なので翻訳の報酬の相場は高く、1文字10円と言われています。スキルがある人にとっては有利な仕事です。
  • 内職
    組み立てや縫製、筆耕などのいわゆる「内職」です。ほとんどの場合、郵送されてきた材料を完成させ送り返す、という作業になります。郵送のやり取りがあるので、本人確認や住所の開示が必要になります。
  • テープ起こし
    インタビューなどの音源から内容を文字に起こす作業です。
  • 動画制作
    動画サイトなどに投稿できるような、動画を制作する仕事です。

仕事のタイプを選ぼう!タイプ別、応募から納品までの流れ

3888d0a9908a36780bbf9b5d1830bd31_m

ジャンルが決まったら、今度は仕事のタイプを決めます。「仕事を探す」画面に、仕事のタイプ別のタグがありますので、クリックし求人を見てみましょう。

ここでは、それぞれの特徴と仕事の進め方を解説します。

タスクとはどんな仕事?

応募や選考がなく「作業を開始する」ボタンをクリックすると、直ぐに作業に取り掛かることができるタイプの仕事です。内容は、体験談や記事のライティング、アンケートの回答、データ入力などがおもです。

報酬はプロジェクト案件に比べて安く、1件当たり安いものは10円程度から、平均100~200円くらいが多く、納品したものが発注者に承認されると、報酬になります。

契約交渉などが必要ないので、初心者には始めやすいタイプの仕事です。単価は安いですが、数をこなしていくとある程度の収入になります。タスク作業の場合は、スマホで出来る簡単な作業もありますが、以下のプロジェクトやコンペになると、パソコンが必須となります。

プロジェクトとはどんな仕事?

「時給制」と「固定報酬制」の2種類があります。契約条件等を交渉して受注するタイプの仕事です。

  • 「時給制」
    CWタイムカードを使って勤務時間を記録し、時給に応じた金額が支払われます。
  • 「固定報酬制」
    例えば「週3記事・30記事で12000円」というように、提示された金額で継続した仕事を受ける契約タイプです。
《応募の仕方》

時給制、固定報酬制いずれの場合も「応募する」というボタンをクリックし、応募フォームに希望する契約金額や自己紹介などを記入し応募します。必要な情報だけではなく、仕事への意気込みや持っているスキルなどを応募メッセージで添えるようにします。

発注者が選考中の応募キャンセルは、メッセージボックスの「辞退する」ボタンから、手続きできます。(契約後の途中終了では「契約途中終了リクエスト」を送りますが、契約終了には双方の同意が必要です)

選考の結果、受注出来たら仕事開始となります。この際、発注者からの仮払いが完了されたことを確認してから作業を開始することが大事で、これにより報酬額が保証されます。

《納品の仕方》

時給制は1週間を一区切りで、固定報酬制は契約条件により、期限までに成果物を納品します。納品方法は、いくつかの記事を納品ファイルにまとめて複数納品したり、出来しだい随時納品するなど、仕事の内容や契約によって違います。契約時によく確認しておきましょう。

引き受けた仕事は、納品の締め切りを守ることが基本ですが、どうしても納期に間に合わない場合は、早めに連絡を取り交渉するなど、責任を持った対応が大切です。納品後、検収(クライアントの確認)を受けます。

場合によっては修正などが必要とされることがありますので、そのつど対応します。納品書が必要と指示された場合は「帳票メニューを表示する」ボタンから、発行することが出来ます。納品検収後、OKが出たら報酬が支払われます。

コンペとはどんな仕事?

まず、自分に合った条件の仕事を探します。仕事の内容と様式に沿った作品(ロゴやイラストなど)を制作し、提案を行います。多数の提案の中から、発注者に採用された作品のみに報酬が支払われます。提案=採用確約ではなく、採用されない場合、また、採用後修正が必要になる場合もあります。

プロのスキルを持った人に有利な仕事のタイプで、採用されるのはなかなか困難ですが、その分採用されれば一度に高い報酬が得られます。これまでのコンペでの採用作品は、サイト内の採用一覧で閲覧できるので、参考にすることができます。

その他「仕事を探す」欄には、各タイプの仕事を含んだ「特急ボーナス」というタグがあります。ここには納期までが短い分、報酬が上乗せされている案件が載っていますので、受注すれば通常よりも高い報酬が得られます。

ご利用はこちら(無料)

クラウドワークスで報酬を受け取ろう!

2fd5fc65e03baf4224fe0648420ba1f1_m

手数料はどれくらい?

クラウドワークスでの仕事の報酬には、システム利用料がかかります。

2015年よりタスク形式では、手数料無料となり、プロジェクト、コンペ形式での報酬については、10万円以下の部分で20%、10万超~20万円までの部分で10%、20万を超える部分で5%、報酬金額に対して各%の料金がかかります。この利用料を引いた額が、受け取り報酬となります。

安い銀行口座に変更しよう

締め切りは月2回、15日と月末で、集計された金額は15日締め切り分は月末に、月末締めの分は翌月15日に、指定した銀行口座に振込みされます。振込手数料は楽天銀行の場合1回100円ですが、他行の場合は1回500円となります。

初期設定では「確定した報酬が随時口座に入金」となっていますが、手数料の節約のため「5万円以上からの入金」や「キャリーオーバー方式」など、希望の入金方法を選び、変更することが出来ます。

また、一度指定した口座から他口座への口座変更も出来るので、支払手数料の安い口座へ変更するのも賢い方法と言えます。

↓楽天銀行の無料口座開設はこちら↓

クラウドワークスはどのくらい稼げる?

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_m

月収と仕事量の目安

「在宅ワークで、月にどのくらい稼げるの?」というのが、これから始める人にとっては一番知りたいことかもしれませんが、実際にやってみて分かったのは、人によって稼ぐ方法が違うので、報酬もそれにより、かなり変わってくるということ。

「在宅ワークは楽に稼げる」「在宅ワークは全然稼げない」という正反対の口コミは、両方とも嘘ではなくやってみた人が実感したことだと感じます。

つまり、持っているスキルが高ければ、その分コンペなど高額な案件で一度にたくさん稼ぐことが出来ますし、スキルが無い場合でも一定時間を毎日仕事にあてて取り組めば、ある程度の収入は可能です。

一方で、空いた時間・暇な時間にだけ何となく取り組むのでは、作業量も少ないのでそれほど稼ぐことはできません。このように「いくら稼げるか」は、個人の仕事のやり方やモチベーションに大きく左右されると思います。

それで、私がおすすめするのは「いくら稼げるか」よりもいくら稼ぎたいかということから考えること。例えば、

  • パートに出るのと同じくらいの月収を稼ぎたいのか
  • 自分のお小遣いを確保できる金額でいいのか
  • 生活費の補てんなら1か月にいくらぐらい必要か
  • 年収アップを考えて専業でこの仕事をするのか

など自分の目標報酬を設定してから、仕事をすることです。

月当たりの報酬額ごとに、どのくらいの仕事量で稼げるのか、おもに私がやっているライティングを例に見ていきます。

クラウドワークスで月1万稼ぐ

タスク作業を1日350円分、こつこつ続けていくと30日で10500円です。タスクの報酬は10円程度のものから500円程度まで様々なので、できるだけ効率のいいもの、得意なものを選んで作業していくと、1日350円は初心者でも無理なくできる金額です。

しかし、作業をしても承認されなければ報酬にはなりませんので、はじめのうちは出来るだけ多数の作業をこなしていくといいでしょう。承認率から自分のレベルや、向いているジャンルなども分かってくるからです。私も登録後すぐは、練習のつもりで多数のタスクでライティング作業をしました。

作業数が50件超えたあたりで、自分のレベルや傾向がなんとなくわかってきたし、承認率から自信もついたので、固定報酬制の仕事に切り替えていきました。

クラウドワークスで月3万稼ぐ

タスク作業のみだと月3万は難しいので、プロジェクト等の求人から、自分にできそうな仕事を選び応募してみましょう。

1案件で稼ぐのではなく、固定報酬制の1万の仕事2件とタスク作業で合計3万を目指すとか、初心者歓迎の仕事や、自分が興味のある案件を中心に、できる範囲で複数を組み合わせてみるのもおすすめです。

初めは無理のないスケジュールや条件で契約し、慣れたら徐々に仕事量を増やしていくといいでしょう。初心者の仕事単価は安く、ライティング記事の単価でいうと1記事300円程度が多いです。

300円の記事で3万稼ぐには100記事が必要ですが、文章のレベルが上がってくると、1記事当たり1000円以上での仕事受注も可能になってきます。その場合は30記事かそれ以下で3万になりますので、漫然と作業するのではなく、効率よく稼げるようにレベルアップを目指すのも、月収を上げるポイントになります。

クラウドワークスで月5万稼ぐ

コンペ形式の仕事には、キャッチコピーやネーミング、HPの作成など、1件1万~5万程度の案件が多くあります。提案して採用されると1回で5万以上の報酬額も可能になります。

しかしコンペは提案が通らなければ報酬にはならないので、確実に月5万稼ぐ方法はやはり「固定報酬制の仕事で希望の金額、職種のものを選んで受注すること」になります。

ライティングだと1記事1000円の仕事を週に10~13記事を目安に作業して5万円です。

クラウドワークスで月10万稼ぐ

私の場合でいうと、1記事(2000字~2500字)は1時間あればだいたい書けるので、1日の作業時間が4時間~5時間、1000円の記事を週に25記事書くと10万稼げる計算です。内容により時間がかかる場合は作業時間を増やす・単価が低い場合は数をこなすなど、工夫と頑張りがあれば主婦でも決して無理な金額ではありません。

しかし、毎日「仕事をする時間」を何時間か確保し、集中して作業しなければ、なかなか難しい金額ではあります。

デザインや翻訳など、専門的なスキルを持っていて、仕事の単価がより高い人にとっては、少ない時間でも十分可能な金額と考えられます。

クラウドワークスで月20万稼ぐ

相応のスキルを持っている少数のワーカーのみ可能な月収です。実際昨年(2015年10~12月)月収20万に達したワーカーは、クラウドワークスに登録している全ワーカーの0.014%だったそうです。内訳はITエンジニア、デザイナー、web制作などの専門職ワーカーでした。

私の月収と在宅ワークのメリット

この結果に「やっぱりクラウドソーシングは稼げない」という声も上がりましたが、クラウドワークスで仕事をしているのは、私のように収入が0あるいはそれに近いところから「稼げるようになった」というワーカーのほうが多数だと思います。

現在、私の収入は月7万くらいで、パートに出た場合と同じくらいの月収ですが、通勤に時間も費用も掛からず、しかもいつ作業するか自分で仕事の時間を選べるのが、育児や家事、介護などを抱えている主婦にとってはパートよりも良い点です。

さらに、場所を選ばずにスマホやパソコンがあればどこにいても仕事ができるのも大きな特徴です。それらを考えると単に報酬額からだけでは計れないメリットも実感しています。

ご利用はこちら(無料)

クラウドワークスの収入アップのコツと仕事の心構え

76da5598dcd3cc40df5c0c79da1be08f_m

在宅ワークで一定の収入を得るには、ある程度の仕事の量とプロとしての心構えが必要です。

初めは初心者として安い単価で仕事を始めるわけですが、いつまでも安い単価のままでは、収入も上がりません。より条件がよく、単価の高い仕事を受注していくことが、収入アップのコツと言えます。

クラウドワークスでは「スカウト」といって、クライアントがワーカーに、仕事へ招待するメッセージを送ってくれる機能があり、そこから良い条件で仕事をいただけることもあります。

クライアントは、ワーカーのプロフィールや今までの仕事の評価などで判断しスカウトするので、それには1件1件に責任を持って取り組み、次第に仕事単価が上がるような実績を作っていくことです。

具体的には、納品期限を守ることはもちろんですが、必要な連絡や相談は欠かさないようにしましょう。

確認不足や思い違いで依頼内容に合わない作業をしてしまう、ということもあり、そうしたことで直しが続くと自分の作業効率も悪くなりますし、クライアントの評価も下がり、結果的に収入ダウンにつながってしまいます。

ご利用はこちら(無料)

知っておくべき!在宅ワークに必要な知識と注意点

fa6c3ac3efa278ec646810fb19788f50_m

在宅ワークの仕事は会社等に雇用されていない分、自由度が高い仕事ではありますが、その分スケジュール管理や、契約の交渉、確定申告などの税務手続き、仕事上のトラブルがあった場合の解決も自分でしなければいけません。その際に知っておくべき注意点をご紹介します。

在宅ワークの税金について

職場で年末調整を行ってくれる場合は、自分で申告・納税をする必要はないのですが、個人で収入を得ている場合は、確定申告をして自分で所得税を納める必要があります。申告をしないと収入証明ができないなどの不都合が生じることがあります。

《専業で仕事をしている場合》

専業で在宅ワークをしていて年間38万円以上の収入がある人は、確定申告の必要があります。確定申告とは所得税の納税のために必要な、税務署への申告のことです。しかし、確定申告の必要がない38万円以下の金額でも、売り上げや経費の明細は取っておきましょう。

いずれ収入が増えて青色申告をする場合には、収支が赤字だった年の差額分を繰越すことが出来る場合がありますし、白色申告(簡易帳簿での会計処理と申告)の場合にも伝票等の保管義務があるからです。

《副業で仕事をしている場合》

副業でも20万円以上の収入があれば、所得税の確定申告が必要となります。確定申告を行った場合は、その内容が市区町村にも送られて住民税が決まり、納付書が送られてきます。20万円以下で確定申告をしない場合でも、住民税は納付の必要があるので所得申告をしなければいけません。

本業の職場で年末調整をおこなってもらう場合は必要ありませんが、本業と副業で税の支払いを分けたい場合は、市区町村に対して自分で所得申告をする必要があります。

勤務している会社に副業禁止の規定があれば、バレると本業を失う恐れがありますので、ルールは守ったほうがいいでしょう。しかし、特に規定はないものの副業を知られたくないという場合には、副業収入の税金の支払いは分けておいたほうが安心です。

住民税の「特別徴収」とは、会社などが給与から税を天引きして本人の代わりに収めることなので、副業の事実は会社に知られる場合があります。

副業で得た収入の確定申告の際に、申告書の「住民税」の欄について「普通徴収」を選択しておくと、副業で得た収入にかかる税については自分で納付することになりますので、会社に知られることはありません。

クラウドワークスは安全?危険?トラブルは?

3023a6ddb17c871280831af3bcd33e1f_m

在宅ワークと聞くと「怪しい」「危険」そんなイメージを以前は私も持っていました。クラウドワークスの口コミやレビュでも、よい評判と同時に、危険性やトラブルなど、悪い感想も見られます。

今、自分で仕事としてやっている中で、クラウドワークスを含むクラウドソーシングサイトは、ネット上だけで仕事のやり取りができる便利さという良い面と同時に、悪い面も確かにある、と感じています。

それはたくさんの利用者が登録しているので、中には悪い利用者も居る、ということなのです。たとえば、クライアントについてこのような例があります。

  • 個人情報を集める目的で仕事を発注している(別サイトに誘導するなどして個人情報を入力させる)
  • タスク作業後、非承認にした記事を勝手に使っている(ただで作業させるのが目的なので募集をしても承認はほとんど出さない)
  • 仕事に必要ということで、情報機器を販売しようとする(本当はそれで利益を得るのが目的)

など。

クラウドワークスには、「みんなのお仕事相談所」という利用者が情報交換できる場があり、その中にも、こうした悩みやトラブルなどについて相談や回答が載っています。

もちろん、サイトを運営している側でもいろいろな対策を講じてくれていますが、情報を得て危険性のある案件やトラブルを避ける自衛策も必要です。

顔が見えない契約での仕事なので、

  • 情報のやり取りには注意する
  • 仕事のやり方や内容、支払いなどについて十分確認する
  • おかしいと感じたら他のワーカーから意見を聞く
  • 時には事務局に相談・報告する

また、自分自身がトラブルのもとにならないためにも、仕事のルール、社会人としての最低限のマナーについて学び知っておくことも大切です。

おわりに

クラウドワークスでの在宅ワークについて『大変そうだからやっぱりやめよう』とか『頑張れば稼げそうだからやってみよう』など、いろいろな考えを持たれたと思います。1年やってみた私の感想はというと「やってよかった」です。

もちろん、困ったこともトラブルも(上記のクライアントの三例は、私も体験したことです)多少ありましたが、自分に合った良い仕事と危ない仕事を見分けるコツのようなものも掴めてきましたし、何より自分の仕事を正当に評価してもらい報酬を得たときの充実感は、普段の生活の中では、あまり感じられないものです。

育児も介護も大切な仕事ですが、必ずしもやったことの評価や結果がすぐ見えるものではないので、気持ちが落ち込んだり、行き詰まることもあります。そうしたときに別の仕事を持って社会とつながっていることは、生活全体に良い影響を与えてくれるものだと実感しています。

在宅ワークは時間や場所を自分で選ぶことが出来るため、生活にゆとりが持てます。迷っている人は、まずは一度始めてみてはいかがでしょうか。

ご利用はこちら(無料)

 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で