失敗しない!正しいかかりつけ医(主治医)の選び方

認知症の診断

病気や怪我をした時は、毎回同じ病院に行っていますか?症状により違う病院に行く場合もあるかもしれませんが、あなたが毎回行っている病院の医師がかかりつけ医(主治医)になります。ここでは、かかりつけ医について説明します。

スポンサーリンク

かかりつけ医に相談できること

かかりつけ医とは、もっとも身近で何でも相談ができる医師になります。毎回診察している医師なので本人の心身状態を1番把握して適切な治療をしてくれます。

そのため、病気や健康、生活習慣など様々なことを相談に乗ってくれるので非常に頼もしいです。特殊な治療が必要になった時は、最適な医療機関を紹介してくれますので安心です。

介護が必要になり、公的介護保険サービスを利用したい場合には、要介護認定を受けなければいけません。その際には必ず「主治医の意見書」を医師に書いてもらいます。

かかりつけ医がいればスムーズで確かな要介護認定が決定されますので、もし、まだかかりつけ医が居ない人は近隣の病院で良さそうなところを選び早いうちに見つけておきましょう。

かかりつけ医の探し方

かかりつけ医はできるだけ家から近いところを見つけましょう。病院がたくさんある場合は、近所での評判やパソコンサイトでの口コミサイトで評判が良いところを選んでください。

本人が話しやすく相性が良い医師であることも大事なポイントです。また、緊急時や夜間などに訪問診療をしてくれたり、連絡ができるかどうかも聞いておきましょう。

主治医の役割について

日本の救急医療体制は、初期、二次、三次の3段階に分けられています。主治医は緊急性が低く症状が軽い人に対応します。それ以上の緊急性が高く症状が重い場合は救急病院や救命救急センターが対応します。

それぞれ緊急度合いによって区分され役割が決まっています。

救急医療体制の仕組み

かかりつけ医のメリット

かかりつけ医を持っていると様々なメリットがあります。まだかかりつけ医がいない場合は早く見つけておきましょう。

  • 毎回通っているため受診手続きが簡素化
  • 待ち時間があまりなくスムーズ
  • どんな病気でも親身になって診察してくれる
  • 日常の健康管理の相談や助言をしてくれる
  • 本人の心身状態を把握している
  • 状態により大病院を紹介してくれる
  • 病気になった時、早期発見できる

かかりつけ医と信頼関係を築く

体調に変化があったらすぐメモをしてかかりつけ医に伝えること聞くことをまとめておきましょう。説明を受けた時は忘れないようにメモを取りましょう。

毎日介護を行っている家族は、本人の心身状態を1番理解しています。そのため、親と一緒に同行して日頃の様子をかかりつけ医へ的確に伝えることが大切です。いつもと違う状態が見られた場合は、きちんと確認してかかりつけ医の指示のもと、介護に活かしていきましょう。

診断内容に納得がいかない場合は、きちんと理解するまで何度でも質問しましょう。

インフォームド・コンセントという言葉があります。これは医師から治療方法、薬などの十分な説明を受け、よく理解した上で合意し、実行するという考え方になります。

もともとアメリカで生まれた思想ですが、近年では日本もこの考え方が増えてきています。全てを医師に任せるのではなく、自己決定をした上で治療してもらうことがお互いにより良い関係を築くことができます。

より腕のある医師を見つけるために

医師の経験や知識がどの程度あるのかを見極める指標として「専門医資格」があります。病院内やホームページの医師紹介をみると「日本脳神経外科学会専門医」「日本リウマチ学会専門医」などが書いていると思います。

これは、その学会で5年以上の研修を受けて厚生労働大臣から資格認定をされた専門医資格になります。専門医資格があれば、その病気の治療法や技術経験があるため信頼度は高まりますので、医師を見つける時の指標として参考にしてみてください。

医師からセカンドオピニオンを受ける方法

医師も人間ですので、中には威圧的な人もいます。何でも言いたいことが言えて、本人の体調を親身に考えてくれる主治医を見つけることが長くかかりつけ医と付き合っていけるポイントです。

もし、他の医師にも診察して欲しいと思った場合、セカンドオピニオン(複数の医師から話を聞く)をすることができます。

医師は病気によって治療法や診断内容が違う場合があります。深刻な病気であれば尚更、複数の医師の話を聞いた方がより良い治療法が見つかるかとしれませんのでセカンドオピニオンは遠慮せずしていきましょう。

セカンドオピニオンを伝えた時に医師が嫌がる場合は自信がない現れでもありますので医師を変えた方がいいかもしれません。セカンドオピニオンはあくまで相談をして意見を聞くだけのため保険適応外になり、費用は全額自己負担になります。

料金はおおよそ1万円〜5万円くらいになり高額ではありますが、治療法により体調が大きく変わる場合もありますので心配であれば受けましょう。

探し方は近所の評判であったり、パソコンであれば「地域  病名  セカンドオピニオン」で検索すると出てきます。

セカンドオピニオンの流れ

セカンドオピニオンをしたい病院を探す
医師にセカンドオピニオンをしたいことを伝える
セカンドオピニオンをしたい病院名を医師に伝える
医師から紹介状、診察や検査記録などを渡される
セカンドオピニオンの病院へ行き紹介状などを渡し診察してもらう
複数の病院の治療法を聞き納得できるところを選ぶ

おわりに

いかがでしたか?かかりつけ医を持っておくことで親も子供も毎日の生活に安心が持てます。まだかかりつけ医がいない場合は早急に見つけておくことをおすすめします。

この記事を見た人は以下の関連記事も見ています
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で