フェルラ酸(米ぬか)の効果・効能|認知症予防に効く!副作用や摂取量を検証

認知症予防の栄養成分

フェルラ酸は、認知症への効果が期待されている健康成分です。植物の細胞壁に含まれているポリフェノールの一種なので、野菜を食べると自然に摂取できるものではあるのですが、それもごく少量。

健康に良くしかも気になる病気や症状に効果があるなら、積極的に摂りたいものですね。
今回は、このフェルラ酸について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

フェルラ酸とはどんな成分なの?

脱穀や精製されていない米ぬかに含有

フェルラ酸は脱穀や精製していない穀物、特に米ぬかに多く含まれるポリフェノールの一種になります。米ぬかとは玄米を白米に精製するときに取り除く外皮などのこと。
精米したお米を食べている現代の食生活では、食事からの摂取は難しくなっている成分です。

酸化防止作用がある

強い抗酸化作用を持つフェルラ酸は、酸化防止剤として厚生労働省の食品添加物リストにも登録されていて、おもな用途は酸化による食品の退色防止。

抹茶やバナナの変色を防ぐためにも使われています。他に、化粧品や医薬品の原料としても利用され、フェルラ酸を含むサプリメントも多く販売されています。

フェルラ酸の効果・効能

近年注目されてきたフェルラ酸ですが、どのような効果・効能があるのか。研究や臨床結果などによるフェルラ酸の科学的根拠(エビデンス)を見てみましょう。

アルツハイマー型認知症の予防

フェルラ酸の効果として、いちばんに挙げられるのは認知症の予防です。

株式会社ファンケルの研究
2016年4月に発表された株式会社ファンケルの研究結果によると、フェルラ酸には認知症の原因のひとつとされる、リン酸化したタウたんぱく質という物質を減らす働きがあることがわかったそうです。

タウたんぱく質とは神経伝達に関わっている物質で、過剰にリン酸化することでスムーズな神経の伝達を阻害し、これがアルツハイマー型認知症の発症にも関係していると言われます。

広島大の中村名誉教授による研究
また、遡って2008年の広島大の中村名誉教授による研究発表でも、フェルラ酸を含むサプリメントを飲むことで、認知症薬の投与では改善が見られなかった軽度の認知症患者に対する、改善効果の有効性が報告されています。

フェルラ酸がこのタウたんぱく質が溜まるのを防ぐことで、アルツハイマー型認知症の発症を予防すると考えられます。

韓国ソウル大学、漢方医学研究所等の研究(2016年)
この研究では、同じ2種の動物モデルを使用し、フェルラ酸の二量体の1つであるKMS4001の効果を調べました。
5日間のKMS4001(30mg / kg /日)によるマウスの胃内前処置では、Aβ1-42脳室内注入による誘発記憶障害が、受動回避試験およびY字型迷路試験の両方において有意に改善されました。
なお、受動回避試験とY字型迷路試験は、学習・記憶に関する試験で、受動回避試験では長期記憶、Y字型迷路試験は空間学習およびワーキングメモリーを測定します。 アルツハイマー病モデルAPP/PS1マウスにおける、飲料水を媒体にした3および30mg / kg /日の用量でのKMS4001投与試験では、投与開始後1.5および3ヶ月で新奇物体認識が有意に増強したことが確認されました。
新奇物体認識試験では、記憶学習試験および視覚的認知記憶を調べることができます。 アルツハイマー病モデルAPP/PS1マウスに、3および30mg / kg /日の用量で3ヶ月間KMS4001を投与したところ、前頭皮質におけるAβ1-40およびAβ1-42レベルが著しく減少しました。
KMS4001投与によるアミロイドβペプチド低下と新奇物体認識試験の改善は、互いに一致していました。Aβ1-42は、加齢とともに生成量が増大するアミロイドβペプチドで、通常生成するAβ1-40とAβ1-42の存在比の変化もアルツハイマー病発症に関与していることが示唆されています。つまりこれらの結果は、フェルラ酸の二量体KMS4001がアルツハイマー病に対する有効な薬物候補になり得ることを示しています。
出典:Eur J Pharmacol. 2016 Jul 5;782:30-4. doi: 10.1016/j.ejphar.2016.04.047. Epub 2016 Apr 23.

この実験によってフェルラ酸がアルツハイマー型認知症の原因で発症する記憶学習障害を改善させて、脳内のゴミであるアミロイドβを低下させることがわかりました。

レビー小体型認知症やピック病の予防

神経伝達物質の減少が原因とされるパーキンソン病、脳内に特殊なたんぱく質が蓄積し神経細胞が壊され減ってしまうレビー小体型認知症前頭側頭型認知症(ピック病)に対しても、効果が期待されます。

河野和彦医師が提唱するあたらしい認知症治療のかたち「コウノメソッド」でも、フェルラ酸入りのサプリメントが活用されています。

国立病院機構 熊本医療センターの研究(2011年)
前頭側頭葉変性症またはレビー小体型認知症の患者20人において、フェルガード(3.0 g /日)を毎日4週間投与する予定であると、認知症の行動および心理学的症状は、神経精神医学的インベントリを用いて、治療開始後4週間およびベースラインで評価した。NPI(Neuropsychiatric Inventory)スコアはWilcoxon rank sum testを用いて解析した。フェルガードを用いた治療では、20人の患者のうち19人の患者の精神神経インベントリのスコアが低下し、スコア全体が有意に低下した。この治療はまた、神経精神医学的目録(「妄想」、「幻覚」、「激越/攻撃」、「不安」、「無関心/無関心」、「過敏性/不安定性」および「異常行動」)におけるサブスケールスコアを有意に低下させた。
身体所見や検査データに有害な影響や重大な変化はなかった。フェルガードは、前頭側頭葉変性症およびレビー小体型認知症における認知症の行動および心理学的症状を治療するのに有効であり、有用であり得る。
出典:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jim/20/4/20_4_321/_pdf

ADHDなど脳機能の改善

フェルラ酸には、脳内の傷ついた細胞を修復・保護する働きがあり、細胞の死滅を防ぐ働きもあるとされるので、記憶力など脳機能全体の改善にも効果が期待されます。

ADHD(発達障害)患者にフェルラ酸を投与した場合、多くの患者に症状の改善が見られ、劇的な改善が見られる例も出たことから、未発達の神経回路の成長を促進させたり、前頭葉の血流を良くする働きがあると分析されています。

中国 チチハル医学院の研究(2015年)
出生前の鉛の曝露は、子供の知的発達の遅れと関連づけられています。しかし、発達期間中の鉛神経毒性の治療的介入による突破口はほとんどありません。 この研究の目的は、鉛曝露によって誘導された神経突起伸長阻害に対して、フェルラ酸を処理することにより、主に転写因子Nrf2による細胞外シグナル調節キナーゼ1/2(ERK1/2)の抗酸化機能を活性化する経路で、神経突起伸長を促進するという仮説を立証することです。
PC12細胞の酢酸鉛への曝露は、神経突起伸長を阻害し、ROS、LPO、GSH / GSSG、およびNAD + / NADHによって測定される酸化ストレスを引き起こします。 フェルラ酸を処理することにより、この酢酸鉛誘導の神経突起伸長阻害に対して、完全ではないものの、細胞を有意に保護することが確認されました。
完全ではない理由として、フェルラ酸の効果が、PD98059、亜鉛プロトポルフィリン(Zn-PP)、およびNrf2 shRNAによってブロックされたと思われます。さらにフェルラ酸は、酢酸鉛に暴露されたPC12細胞において、抗酸化タンパク質の1つであるHO-1の発現、抗酸化剤応答配列(ARE)プロモーター活性の増強、ERK1/2リン酸化の促進、およびNrf2転座現象の誘導がみられました。
フェルラ酸の抗酸化作用においては、細胞外シグナル調節キナーゼ1/2(ERK1/2)は転写因子Nrf2の上流に位置し、Nrf2が核内に移行することにより抗酸化タンパク質HO-1発現を促します。
我々の結果は、フェルラ酸が鉛神経毒治療における有望な治療方法の候補であることを示唆しています。これらの調査結果は、今後の生体内における鉛曝露後のフェルラ酸処理による神経突起伸長増強作用の調査のために有力な裏付けとなるでしょう。
出典:Mol Neurobiol. 2016 Nov;53(9):6489-6500. doi: 10.1007/s12035-015-9555-x. Epub 2015 Nov 26.

高血圧の改善

自律神経は、人間の体内の器官を動かしている神経です。その交感神経と副交感神経のバランスが崩れるとさまざまな不調が生じますが、高血圧もその一つです。
フェルラ酸は副交感神経をを刺激するアセチルコリンの分泌を促進し、血管を拡張させる働きのある副交感神経の機能を回復させることで、血圧を下げ高血圧を改善します。

エジプト ザガジグ大学とサウジアラビアの共同研究(2016年)
フェルラ酸は、様々な種類の果実に含まれるポリフェノール化合物で、炭水化物代謝酵素のアルドースレダクターゼ阻害に対して、実質的な治療効果および阻害活性を有します。 この研究では、フルクトース(果糖)を与えたラットに対するフェルラ酸の効果を、標準的なアルドースレダクターゼ阻害剤のゾポルレスタットと比較して調査しました。
10%果糖飲料水を与えたラットにおいて、血清インスリン/グルコースレベル、トリグリセリド、コレステロールおよび身体の様々な老化に関与する物質である終末糖化産物(AGE)を調べることにより、メタボリックシンドロームに対するフェルラ酸の保護的役割に焦点をあてました。
さらに、フルクトース摂食に関連するメタボリックシンドロームの心臓血管合併症を推定し、血圧、胸部大動脈およびアセチルコリン誘発一酸化窒素(NO)の血管反応性をすべて評価しました。動物を「コントロール群(10%フルクトース摂食)」、「ゾポルレスタット投与フルクトース摂食ラット群」および「フェルラ酸投与フルクトース摂食ラット群」に分けました。
投与開始から12週間後、フルクトース摂取に伴う高インスリン血症および拡張期血圧の両方において、フェルラ酸が、ゾポルレスタットで達成されたレベルに匹敵するレベルまで有意に低下させたことがわかりました。 フェルラ酸とゾポルレスタットの両方がフルクトース摂取に関連する障害緩和を大きく改善したが、発達した血管収縮に対しては有意な効果を示しませんでした。
フルクトース摂食ラットから大動脈を単離しフェルラ酸またはゾポルレスタットと培養したところ、アセチルコリンに対する正常な弛緩反応の修復がみられました。さらにアセチルコリンを添加した大動脈細胞は、一酸化窒素の生成の減衰を示し、フェルラ酸とゾポルレスタットの両方が一酸化窒素の誘導機能を正常に改善したことが確認されました。
この研究において、フェルラ酸は、標準アルドースレダクターゼ阻害剤であるゾポルレスタットと同様に、メタボリックシンドロームに関連するインスリン抵抗性および高血圧症を緩和したことを示しています。この潜在的な保護効果は、内皮弛緩を改善させることによって改善されたことが明らかになりました。
出典:Chem Biol Interact. 2016 Jul 25;254:191-7. doi: 10.1016/j.cbi.2016.06.013. Epub 2016 Jun 7.

糖尿病予防

糖尿病とは、血液中のブドウ糖の量である血糖値が高くなり、その状態が続いている病気です。血糖値が高いことで血液の流れは悪くなり、それが原因となってさまざまな合併症を起こします。
フェルラ酸には血糖値やコレステロール値を下げる作用があるため、血流を良くし糖尿病を予防する効果があると言えます。

インド マドラス大学の研究(2015年)
フェルラ酸は、その抗糖尿病性の特性について知られているフェノール性植物化学物質です。本研究は、高脂肪飼料および高フルクトース食によって誘発された2型糖尿病成人雄性ラットにおける抗糖尿病性のメカニズムを評価するためにデザインされました。
動物を、対照群、糖尿病対照群、フェルラ酸(50mg / kg体重/日)を30日間経口投与した糖尿病動物群、メトホルミン(50mg /kg体重・日)を30日間経口投与した糖尿病動物、およびフェルラ酸を経口投与した対照ラットの計5群に分けました。 糖尿病動物へのフェルラ酸投与により、血糖、血清インスリン、耐糖能および正常範囲に対するインスリン耐性の改善がみられました。
一方、糖尿病動物において活性化されたグリコーゲンホスホリラーゼおよび糖新生酵素(ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ(PEPCK)およびグルコース-6-ホスファターゼ(G6Pase))は、フェルラ酸により経口糖尿病治療薬の一つであるメトホルミンとほぼ同等レベルまで改善がみられました。
フェルラ酸はインスリンシグナル伝達分子を改善し、インスリンシグナル伝達の負の制御因子(ネガティブレギュレーター)を減少させました。グルコース生成酵素遺伝子(PEPCKおよびG6Pase)のメッセンジャーRNA、およびフォークヘッド転写因子O1と糖新生酵素遺伝子(PEPCKおよびG6Pase)のプロモーター間の相互作用は、フェルラ酸によって著しく減少しました。
本研究により、2型糖尿病ラットへのフェルラ酸投与により、インスリン感受性および肝臓グリコーゲン生成を改善し、グルコースの恒常性の維持のために糖新生およびインスリンシグナリングの負の制御因子を抑制することが結論づけられました。
出典:Appl Physiol Nutr Metab. 2015 Aug;40(8):769-81. doi: 10.1139/apnm-2015-0002. Epub 2015 Mar 13.

大腸ガンの予防効果

この実験では、天然源由来の米酒水抽出物に含まれるフェルラ酸が大腸がんに対する潜在的な化学予防剤である可能性がわかっています。

マレーシア マレーシアプトラ大学の研究(2015年)
酒米、破砕米、米ぬか、および米胚芽は、米産業における米副産物です。 本研究は、試験管培養により、米酒水抽出物の結腸直腸癌細胞(HT-29)に対する細胞毒性を調査し、その抑止効果を調べるために行われました。
細胞毒性の結果は、HT-29細胞において酒米水抽出物が、対照物質と比較してより細胞毒性が強い傾向がありました。しかし有意差ではなく、それぞれ米酒水抽出物および対照物質について50%阻害濃度で21.88±12.43μg/ mLおよび34.50±5.92μg/ mLの値を示しました(> 0.05)。
倒立光学顕微鏡および蛍光顕微鏡では、米酒水抽出物処理のHT-29細胞において、アポトーシス(細胞の自然死)の典型的な特徴が確認できました。米酒水抽出物はまた、HT-29細胞の早期および後期アポトーシス細胞数を、対照細胞と比較して明らかに増加させました。
UPLC分析の結果、米酒水抽出物にはフェルラ酸(36.42±2.97μg/ g)が最も高い濃度で含まれており、次に没食子酸(26.09±2.01μg/ g)とp-クマル酸(7.13±0.36μg/ g)という順になります。これらのフェルラ酸が、アポトーシス細胞死に有効に寄与していると推測されます。
出典:Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2015;19(6):1022-9.

成長促進作用

この研究では、米ぬか由来のフェルラ酸が成長ホルモンの促進作用がある可能性がわかりました。

九州工業大学と中国揚州大学の共同研究(2018年)
ユーグレナ・グラシリス(ミドリムシ)に米ぬか由来のフェレル酸を添加するだけで、ミドリムシ特有の有用成分パラミロンを減少させることなく、顕著な成長促進が確認されました。
ユーグレナ・グラシリスは、化粧品、食品、医薬品、サプリメントに広く適用される淡水マイクロ藻類であり、バイオ燃料の供給源にもなりうると考えています。
したがって、その商業活用のために低コストで収率を高めることが重要であるとし、遺伝子工学の実施や成長促進剤として考えられる他の栄養素や植物ホルモン添加など他の選択肢と比較して、農業廃棄物由来の成長促進剤を導入することはバイオマス生産性を向上させる安価で安全な戦略と考えられています。
本研究では、米ぬか由来のフェルラ酸が、ユーグレナ・グラシリスの生育および代謝に及ぼす影響について検証しました。フェルラ酸を均一に溶解するため、1%ジメチルスルホキシドをCramer-Myers培地に添加しました。
フェルラ酸は、1%ジメチルスルホキシドの抑止効果を軽減させ、ユーグレナ・グラシリスの増殖を有意に促進することができました。500mg / Lのフェルラ酸を添加した場合、細胞密度は対照群の2.5倍、陰性対照群の3.6倍であることが判明しました。さらに、光合成色素含量、特にクロロフィルaは、フェルラ酸濃度の増加に伴い増加することがわかりました。細胞内のパラミロン含量を減少させることなく細胞の数が増加したことで、パラミロンの総生産量がフェルラ酸によっても増強することが可能であると思われます。
出典:AMB Express. 2018 Feb 8;8(1):16. doi: 10.1186/s13568-018-0547-x.

抗酸化作用

この実験では、フェルラ酸は、炎症を抑制および抗酸化防御を活性化することにより、リポ多糖類で誘導された急性腎障害を保護する可能性がわかりました。

インド インディアン・インスティテュート・オブ・ケミカル・テクノロジー等の実験(2018年)
グラム陰性菌感染によって引き起こされる内毒素とリポ多糖レベルの上昇による敗血症誘発性急性腎障害は、集中治療患者における死亡率の70-80%を占めています。
フェノール性植物化学物質であるフェルラ酸は、腎毒性の様々な誘発動物モデルに対して、その腎保護作用があると知られています。しかし、リポ多糖誘導性敗血症誘発性急性腎障害におけるフェルラ酸の治癒効果は、まだ十分な研究されてはいませんでした。
この研究は、敗血症誘発性急性腎障害の治療におけるフェルラ酸の証拠を示すために、マウスモデルにおけるリポ多糖誘導性敗血症誘発性急性腎障害に対するフェルラ酸の効果を調べ、関連する防御機構を解明することを目的としました。 Balb/cマウスに、リポ多糖処理(10mg / kg)後、50mg / kgおよび100mg / kg用量のフェルラ酸を投与しました。
完了後、血清クレアチニンおよび血液尿素窒素、炎症性サイトカインおよび動物の組織病理学的変化の濃度を測定しました。また、TLR4媒介NF-κBシグナル伝達経路の相対タンパク質発現レベルを腎臓組織で観察しました。 フェルラ酸処置動物では、TLR-4媒介NFκB活性化を阻害することにより、抗酸化防御の活性化および炎症の抑制がみられました。
対してリポ多糖単独投与群では、抗酸化防御機能の減衰がみられ、さらに炎症性サイトカインの放出をもたらし、血中尿素窒素濃度の上昇およびクレアチニンの若干の増加を伴って急速な腎障害を引き起こしました。
また病理組織学的分析では、敗血症誘発線維症および腎損傷に対するフェルラ酸の保護作用が明らかになりました。 フェルラ酸のマウスにおけるリポ多糖誘導性敗血症誘発性急性腎障害に対する顕著な抑止効果は、ヒトにおいて敗血症誘発性急性腎障害を治療するための化学的役割の可能性を示唆しています。
出典:Biomed Pharmacother. 2018 Apr;100:304-315. doi: 10.1016/j.biopha.2018.01.169. Epub 2018 Feb 16.

美白効果・アンチエイジング・メラニンの生成を抑える

フェルラ酸は紫外線を吸収して、シミのもとになるメラニンの生成を抑えるので、美白にも効果的。そのため化粧品やUVクリームなどの原料としても使われています。
また抗酸化作用に優れているので、アンチエイジング効果も期待できます。

韓国 慶北大学校の共同研究(2018年)
ツルナから採取したフェルラ酸を、B16F10マウスメラノーマ(悪性黒色腫)細胞株に対するその美白効果、およびCCD-986skヒト皮膚線維芽細胞株に対するその抗しわ活性作用について調査を行いました。
ツルナから採取することができる第一級フェノール化合物の1つであるフェルラ酸は、その美白効果およびシワ防止活性のための機能性食品としての可能性を示すと報告されています。
その美白機能およびシワ防止活性を測定するために、マウス細胞を、5〜20μMの濃度でツルナ由来のフェルラ酸で処置しました。20μMまでの濃度ではフェルラ酸はその機能性を示しませんでした。 α-メラニン細胞刺激ホルモンで刺激されたB16F10メラノーマ細胞で発現していたメラニン合成、チロシナーゼ発現、および微小眼瞼炎転写因子発現に対して、フェルラ酸の阻害作用が確認されました。
フェルラ酸による、プロコラーゲン合成、ヒアルロン酸合成、メタロプロテイナーゼ合成の組織阻害剤、およびUV-Bで刺激されたCCD-986sk細胞におけるマトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)-1およびMMP-9発現の阻害がみられました。
これらの結果に基づいて、ツルナ由来のフェルラ酸が、美白作用およびしわ防止作用を有する機能性食品としての使用の可能性を示すと結論づけました。
出典:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jim/20/4/20_4_321/_pdf

フェルラ酸の摂取量と摂取方法

1日100ml以上の摂取が必要

フェルラ酸の効果を実感するためには、1日100ml以上の摂取が必要と言われています。米や麦などの穀物のほか、コーヒーやリンゴ、ピーナツにも含まれていますが、十分な含有量とは言えません。

また、食品の中でもフェルラ酸が多く含まれる米ぬかの摂取量は、1日に大さじ2杯までが適量とされています。これは米ぬか内の成分に、鉄分などのミネラルと結合し体外に排出させる働きがあるため。

米ぬかがフェルラ酸含有量トップ

フェルラ酸を身体に取り入れるためには、米ぬかを摂取することで補うことができます。

食品100gあたりのフェルラ酸含有量
米ぬか 250mg
玄米 41.8mg
精白米 9.4mg
じゃがいも周皮 7.5mg
そば粉 2.9mg

「主治医が見つかる診療所」の米ぬかレシピ2選

2018年4月19日(木)に放送された「主治医が見つかる診療所」にて紹介されていましたナグモクリニック 総院長「南雲医師」直伝の米ぬかレシピ2選をご紹介いたします。

米ぬか茶の作り方
  1. 米ぬかをきつね色になるまで空炒り(煎り)します
  2. 空炒りした米ぬかを湯呑みに大さじ1杯入れます
  3. お湯を注げば出来上がりです
米ぬかおにぎりの作り方

材料

  • 米ぬか 大さじ5杯
  • 桜えび(乾燥) 5g
  • 塩昆布 20g
  • シラス 25g
  • ご飯 400g
  1. 米ぬかをきつね色になるまで約10分間、煎ります
  2. 桜えび、塩昆布、シラスを入れてさらに煎ります
  3. ふりかけ状になったものを適量取りご飯と握れば出来上がりです

しかし、「米ぬか」を毎日100g前後、摂取するのはかなり大変ですし、お金もかかりますので維持するのが難しいでしょう。

効率よく摂取するためには、フェルラ酸を米ぬかから抽出し加工したサプリメントでの摂取が最適と考えられます。

フェルラ酸サプリを飲むメリット・デメリット

効果的にフェルラ酸を身体に取り入れるには、サプリがおすすめです。なぜサプリがいいのか?飲むメリットは以下になります。

サプリメントで摂取するメリット
  • 必要な1日分の摂取量を身体に摂れる
  • 薬と違い副作用の心配が少ない
  • 食欲がなくても補給することができる
  • 毎日続けることができる
  • 手軽に持ち運びができる

逆にサプリメントを摂取するデメリットは「即効性がない」ことです。薬ではないので最低でも3ヶ月くらいは続けないと実感は得られません。しかし、薬と違い副作用の心配がないので安心して実感することができるでしょう。

フェルラ酸サプリの選び方・ポイント

フェルラ酸サプリは、さまざまな会社が販売しております。そこで当サイト独自のサプリメント購入基準を以下に定めました。

  • 信頼のおけるメーカー、企業が開発したもの(信頼のおけるとは、製造法や安全性が記載されていること)
  • 厚生労働省推奨のGMP認定工場にて製造されているもの
  • 有効成分、含有量がしっかり記載されているもの
  • 極端に安すぎないもの(ただし自社開発・製造・販売している会社は安くても問題ありません)
  • 販売実績があり評判が良いもの
  • 続けやすく実感しやすいもの
フェルラ酸配合サプリ
月読(つきよみ)
1日で最大200㎎のフェルラ酸を摂取することができるサプリメントになります。
フェルラ酸をはじめガーデンアンゼリカ、ヤマブシタケ殺菌末、レスベラトロール、ビタミンE末、マカ、発酵黒ニンニクがたっぷり含まれています。
関連記事 「月読(つきよみ)」の詳細はこちら

フェルラ酸の副作用と飲む際の注意

副作用の心配はないが摂取量を守ること

フェラル酸はもともと植物由来の物質ですから、副作用の心配もないようです。

ただ、サプリメントの場合、配合されている他の成分によるものや、薬との飲み合わせによると思われる副作用の情報もありますので、飲む際は目安摂取量を守り、投薬治療中の方は医師に相談しましょう。

おわりに

物忘れが気になったり健康診断の結果に悩んでいるという方は、早めの対策をしておきましょう。

フェルラ酸配合サプリ
月読(つきよみ)
1日で最大200㎎のフェルラ酸を摂取することができるサプリメントになります。
フェルラ酸をはじめガーデンアンゼリカ、ヤマブシタケ殺菌末、レスベラトロール、ビタミンE末、マカ、発酵黒ニンニクがたっぷり含まれています。
関連記事 「月読(つきよみ)」の詳細はこちら

「あれ?」と思うことが増えて悩んでいませんか?
年を重ねるにつれ「うっかり」することが増えたら早めに対策することが大切です。
  • 物や知人の名前が出てこない
  • 何度も同じ話をする
  • 忘れ物やしまい忘れがある
  • 家族からの指摘が増えてきた
  • 外へ出るのがおっくうになった
こんな方に当サイトが厳選したおすすめのサプリメントがあります。ぜひ参考にしてください。
認知症対策サプリ一覧

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で