介護の職場で嫌がらせやいじめを受けた時の対処法!トラウマを克服

介護の転職

必死に就職活動をして見つけた職場で嫌がらせやいじめを受けてしまうとテンションが一気に低下してしまい、就職したことを後悔してしまいますよね。

こうなってしまうとあんなに頑張って就職したことはもはや過去の事、ひたすら「辞めたい」とか「こいつらに会いたくない」などを考えるようになってしまい、続けることよりも辞めることを考えるようになってしまいます。

そこで今回は介護の職場で嫌がらせやいじめを受けた時の対処法について検討します。

スポンサーリンク

介護業界の職場いじめはあるの?

「人間関係に問題がある」が多数

介護業界にもいじめはあるのか?結論から言うとあります。しかも介護業界の場合退職理由のなかでも相当上位に食い込んでくるようです。

辞めたくなる理由は、「介護の仕事そのもの」「いじめを含めた人間関係」が上位となるでしょう。介護関係の退職理由や介護の職場でどのようなブラックな現実があったかを調べると必ず数件はいじめについて書かれています

%e5%89%8d%e3%81%ae%e8%81%b7%e5%a0%b4%e3%82%92%e8%be%9e%e3%82%81%e3%81%9f%e7%90%86%e7%94%b11 出典:厚生労働省のデータを元に作成

新人介護士いじめなど様々ないじめ

「いじめ」というのは、捉え方次第という面もありますが、はっきりと陰口で「あいつ使えない」とか「邪魔だから消えてほしい」と言われるのは、間違いなく陰湿な嫌がらせでいじめと言えるでしょう。

その他にもひどい例では、メンタルが弱い子にすべて押し付けて他の人たちは休憩という職場もあります。もちろん上司が来たらその人の目の前で頑張って働いているように見せかけます。

また、お局様的存在の人は、新人介護士が入ってくる度に、難癖をつけて嫌がらせをしてくる場合もあります。そういう人は気が強く長く居座っているため、周りの人もなかなか言えなく、新人介護士が次々と辞めていってしまいます。

ほとんど子供のいじめと変わりなく、管理責任者も野放し状態です。そのような会社は大抵、書類等が適当で不正ギリギリでやっているケースも珍しくありません。

いじめや嫌がらせにはどうしたらいいのか?

1b95d1b2644997d634d0ff56720b7292_m

昔の人たちの言葉で教育的指導なんてものがありましたよね。いわゆる「暴力を振るう」けどそれはあくまで教育であって殴った側も痛いと言われているものです。

しかし、どんな理由があったとしても殴るのは絶対に駄目です。特に多いのが言葉の暴力でこちらも絶対に駄目。これらが当たり前にまかり通っている会社が多々あるのも事実です。

それでは実際に「いじめを受けた場合」や「嫌がらせをされている時」にどうしたらいいのか見てましょう。

相手の言っていることに納得できる部分がある?

怒られる=いじめられるという図式が成り立たないケースがあります。

怒られるという行為ははっきり言って精神的にきついものがありますが、その言葉の中に納得できるものがあり自分に非がはっきりとあるのならそれは相手が正しいと考えたほうがいいです。

傍から見るといじめのように見えますが、本人にとってプラスになったというケースもたくさんあります。「もう少し言い方を抑えてくれても…」と思うかもしれませんが、無視されるよりも怒って注意してくれるほうが100倍マシです。

こういうケースはマイナスに捉えないで逆に感謝するぐらいの姿勢を持ちましょう。むしろそういう人に褒められるように努力して、信頼してついていき何かあったら頼る姿勢を持ったほうがいいです。

好きの反対は嫌いではなく無関心です。怒られている時が花と思ってください。

頼れる相手や笑顔になれる人はいる?

あきらかに「陰湿な嫌がらせ」を受けたり「いじめ」をされてしまった時に、頼れる人や共感できて褒めあうことができる人、笑顔で隠し事せず対話できる人が職場に一人でもいるならそれはラッキーです。その人がいてくれるだけで心を落ち着かせることができます。

そういう人とのつながりを深く持って愚痴を言い合って互いを尊重し、感謝の心を持って接しあいましょう。間違いなく親友になれるはずです。

そのような自分を救ってくれる人を早めに一人でも見つけておきましょう。そうすれば何かあった時の精神的な逃げどころとすることができます。

頼れる人もいないなら……

悩みを相談する人も作れそうになく、頼りにできる人もいない場合は精神的に追い詰められてしまい、いつか辞めてしまうかもしれません。どうしても続けたいなら仲間を作る以外の方法をとりましょう。

具体的には自分の感情に最も訴える「何か誇りに思えることをしたときは、自分を褒めてみましょう」などの「心を軽くする言葉」を見つけて、自分の大事にする言葉にするといいかもしれません。

何かあった時は深呼吸をしてその言葉を復唱しましょう。

何をやっても耐えられないなら…

そのようなことを試してみたとしても耐えられなくなってしまうことはあります。頼れる人がいたとしてもあまりにも職場がひどすぎて、仕事に障害が出るほどの嫌がらせやいじめを受けているなら今の職場は辞めて転職を考えましょう。

長く続けることは確かに大切ですが、続けることで精神的に追い詰められてしまい心が壊れてしまっては元も子もありません。

はっきり言って会社は社員を守ってくれないので、自分の身は自分で守る必要があります。辞めるというのは最終手段になってしまいますが、自分の健康を守るためなら最終手段を思い切って実行する勇気も必要なのです。

関連記事 人間関係の良い介護の職場をプロの専門家に探してもらう

関連記事 介護以外の職場をプロの専門家に探してもらう

辞めようとしたときに新たな嫌がらせをされる

61a449ac7930e781d810debac441480b_m

会社から引き留めがあり辞めれない

どうしてもいじめや嫌がらせがひどかった場合は、辞めるという選択肢が一番になるのですが、辞めようとした際に会社から精神的な圧迫を受けて辞めさせてくれないことがあります。

ひどい会社では、退職者が出にくくするための仕組みが作られているケースすらあるのです。

会社からすると社員が一人いなくなることは大きな損失となるので、ひどい引き留めがされることもあるでしょう。ここで大切なのが辞めようという強い意志です。

就業規則、契約期間の定めがない場合は、2週間で退職できる

例えば辞めたいと伝えたところで「忙しいから駄目」と言われてすごくあっさりと却下されるケースもあります。

基本的に「退職の申出は、労働者側から労働契約を解約する旨の意思表示であり、会社の承認までは必要ない」という原則があるのですが、就業規則のある場合はそちらに従って退職届を出す必要があります。

また民法第627条に「就業規則のない場合で、契約期間の定めがない場合には、労働者は14日前に退職を申し出ることによって、いつでも契約を解除できます」とあるので、

辞めたいという意志を明確に会社に伝えてから2週間が経過すれば雇用契約は終わりになるということです。つまり、あっさりと却下されたとしても意志表明さえしっかりしていれば2週間後には辞められるということです。

それでも辞めさせてくれない場合は?

相手があまりにもごねて「損害賠償を求めて訴える」のような悪質な手法を講じてきた場合は、労働基準監督署に相談すれば解決することができるので、いったん辞めたいという意志を固めた場合は辞めたいという意志をしっかりと伝えて、問題が発生しそうなら労働基準監督署に相談してください。

大切なことは辞めようとしたときにトラブルが発生したら、すぐに労働基準監督署に相談することです。一人で悩まないですぐに相談してください。

「いじめ」のない会社の探し方

人間関係が良く「いじめ」や「嫌がらせ」をする人がいない会社を見つけてくれるところが「介護人材会社」になります。

介護人材会社では、さまざまな介護会社の情報や口コミを扱っているため、会社の内部・外部から評判が良く人間関係が良好な会社のみをピックアップして紹介してくれます。さらに実際に介護をしていた方々が働いているため、理解度も高いです。

おすすめの介護人材会社2社

おわりに

介護に限らず、どの職場でもいじめや嫌がらせはありますが、介護業界というのは、「人手不足」「女性が多い」「賃金が少ない」「重労働」などなど職場によっては非常にピリピリしているところもあるため、このようないじめや嫌がらせが絶えないのだと感じます。

頼る人がいなければ「即辞める」これが一番です。耐えた先にあるものより、新しい未来の自分ために動きましょう。避難することは大切なことです。

当サイトが厳選したおすすめ介護求人・転職サイト
介護職へ転職されるなら求人サイト選びは非常に重要です。
  • 求人誌よりも介護求人が圧倒的に多い
  • 人間関係の良い職場へ就職できる
  • 無料で資格取得できる
  • 面接サポートや給与交渉してくれる
  • 未経験・初心者でも働ける職場が見つかる
自分の条件に合った職場に就ける可能性がかなり高まります。ぜひ参考にしてください
おすすめ介護転職サイト

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で