介護の123

管理者がヘルパーや職員の指導をきちんとしていないとどうなるか?

(最終更新:2016年12月15日)
管理者がヘルパーや職員の指導をきちんとしていないとどうなるか?

利用者Wさんは、3年前に仕事中に倒れて半身不随になりました。リハビリの甲斐もありなんとか歩けるようにまでなりましたが、食事には介助が必要です。

仕事をされていた頃は、食品会社の課長をしており、非常に厳しく怖い存在と言われていたそうです。しかし、部下の面倒見が良いこともあり信頼も厚く良い上司でした。

そんなWさんは障害を持ち療養型医療施設に入居しました。ところが急に食欲が無くなり体調が次第に悪くなっていきました。

その要因は、施設での食事でした。Wさんは自分で食べれないため介助が必要です。Wさんに介助をする職員は、毎回無意識に食器の中に指を入れます。Wさんはそれが苦痛でした。

最初の頃は、その職員に注意をしたのですが、効果はなく、むしろコソコソと「潔癖症の堅物オヤジ」と言われているのを聞こえてから、面倒になり注意をやめました。

Wさんがあまり食べていないと職員は「ちゃんと残さず食べてよ」と言い、また食器の中に指を入れています。

スポンサーリンク

利用者の対策

食器の中に指を入れる不潔な行為は利用者のみならず誰でも気分が悪くなります。しかも注意したのにもかかわらず改善されないとなると余計腹も立ちます。

利用者はこのことが発覚次第すぐに管理者等に、「即全体会議を開き、二度とこのようなことがないように全職員に教育指導を徹底してほしい」と伝えてください。

ヘルパー、職員の対策

不潔な介助をしているのにも関わらず、それを直さず、さらに利用者に暴言を吐くような職員たちがいることは大問題です。

利用者、そのご家族が安心できる環境を作れない会社はすぐ潰れます。

この業界は参入者も多いですが、無くなっていくのも多い世界です。利用者、そのご家族から信頼される会社を目指し、管理者等は細かなところまで目を配ってください。


スポンサードリンク



 

スポンサードリンク







 

Twitter で
(最終更新:2016年12月15日)