ホスファチジルセリン(大豆)の効果効能|副作用・認知症予防を検証

認知症予防の栄養成分

ホスファチジルセリンは、人間の細胞に含まれている物質です。

脳の血流を良くして脳細胞の働きを活性化する働きがあるのですが、体内にあるホスファチジルセリンは加齢とともに減っていくことが分かっていて、これを外から補うことで認知症予防に効果があるとされ、テレビ番組等でも話題になりました。

このホスファチジルセリンの効果や摂取法についてみていきましょう。

ホスファチジルセリンとはどんな成分?

細胞膜を作っている物質

レシチンと呼ばれるリン脂質の一種で、たんぱく質とともに人間の細胞膜を作っている物質です。英語表記Phosphatidylserineを略してPSと表記されることもあります。

特に脳内の神経細胞に多く存在していて、情報伝達に重要な働きをしています。

細胞膜は、有害な物質を細胞内に取り込まず栄養素など必要な物だけを通過させる、フィルターの役目をしていますが、このフィルターが硬く強すぎると、必要な栄養を取り込めず、また老廃物を出すことが出来なくなり、細胞の新陳代謝が滞ることになります。

脳の働きを改善してくれる

ホスファチジルセリンは、この細胞膜を柔らかく保つ働きがあるので、脳細胞内の酸素や栄養素の取り込みがスムーズにいくことにより、結果的に情報伝達を含めた脳の働きを改善することになるのです。

ほとんどが食品から取り込まれ、人は毎日3~6mgのホスファチジルセリンを食事から摂取しているといわれます。多く含まれている食品は、大豆、魚、豚肉、牛肉、卵、くるみなどです。

ホスファチジルセリンの効果・効能

ホスファチジルセリンは、脳細胞の細胞膜を柔らかく保ち細胞の新陳代謝を促すほか、脳の栄養である糖質の濃度を4倍にまで高める働きがあり、脳の活動を活発に高めることが出来る、といわれています。

具体的にどんな症状にどのような効果があるのかをまとめてみました。

認知症の効果

ドイツの研究チームが、記憶力に問題のある高齢者に対してサプリメントを投与、1日にホスファチジルセリン300mgとホスファチジン酸240mgを摂取してもらい、3か月に渡って行った研究によると、記憶力の改善や冬季うつ病を抑制する効果が見られました。
また、90%を超える割合で被験者に日常生活機能の安定などの効果が見られ、副作用については特に確認されませんでした。

脳梗塞の効果

脳の血管が細くなったり、血栓ができて詰まることで脳細胞に障害が起こる病気なので、脳の血流を良くするホスファチジルセリンには一定の効果があると考えられます。

パーキンソン病の効果

この病気は正常な神経細胞が減少し神経伝達物質の量が低下することで、脳からの情報伝達が阻害されて、運動機能に障害が出るのですが、ホスファチジルセリンは細胞膜を柔軟にすることで、この神経伝達物質の細胞間の行き来をスムーズにします。

また、神経伝達物質の分泌を促したり、シナプス(神経伝達物質をやり取りする部分)の減少を防ぐ効果もあるとされ、運動機能に一定の改善が見られたという報告もあります。

ADHD(発達障害)の効果

ADHD患者は、思考を司る前頭葉や大脳基底核の一部に萎縮が見られるのが特徴で、論理的に考えるのではなく五感に対する刺激に反応し、言動をコントロールできない傾向が見られます。

患者の脳ではドーパミンも不足しているとされますが、ホスファチジルセリンは情報伝達物質であるドーパミンやセロトニンの分泌を促す働きがあります。

ドーパミンやセロトニンが適正な量に保たれることで、前頭葉の働きも活発になり、症状の改善につながると考えられます。

ストレスによる精神不安の効果

ストレス状態が長く続くと、ストレスによって分泌されるホルモン・コルチゾールによって血圧や心拍数が高い状態が続き、糖尿病の原因にもなります。

ホスファチジルセリンには、このコルチゾールを抑制する効果があり、自律神経を調節する物質であるアセチルコリンの分泌も促進するので、ストレスによる意欲減退やイライラにも効果的です。

ホスファチジルセリンの摂取量

1日の必要摂取量は100~200mg

認知症予防などの効果を期待するなら、1日の摂取量は100~200mg必要と言われています。ホスファチジルセリンが多く含まれていると言われる大豆でも含有量は微量で、100粒以上食べないとこの量にはなりません。

一日の摂取量は成人で300mgまでが適量とされていますが、小柄な体形の人の場合は、200~250mgと考えると良いでしょう。

ホスファチジルセリンの摂取方法

大豆レシチンがホスファチジルセリン含有量トップ

ホスファチジルセリンを身体に取り入れるためには、大豆レシチンを摂取することで補うことができます。

食品100gあたりのホスファチジルセリン含有量
大豆レシチン 5900mg
サバ 480mg
にわとり心臓 414mg
ウナギ 335mg
もつ 305mg

しかし、「大豆レシチン」は大豆にごくわずかしか含まれておらず、毎日必要量を摂取するには、大豆を3kg以上食べないといけないため維持するのが難しいでしょう。

効率よく摂取するためには、ホスファチジルセリンを大豆から抽出し加工したサプリメントでの摂取が最適と考えられます。

ホスファチジルセリンサプリを飲むメリット・デメリット

上記で挙げた食材を毎日摂取できればいいですが、実際はなかなか難しいものです。効果的にホスファチジルセリンを身体に取り入れるには、サプリがおすすめです。なぜサプリがいいのか?飲むメリットは以下になります。

サプリメントで摂取するメリット
  • 必要な1日分の摂取量を身体に摂れる
  • 薬と違い副作用の心配が少ない
  • 食欲がなくても補給することができる
  • 毎日続けることができる
  • 手軽に持ち運びができる

逆にサプリメントを摂取するデメリットは「即効性がない」ことです。薬ではないので最低でも3ヶ月くらいは続けないと実感は得られません。しかし、薬と違い副作用の心配がないので安心して実感することができるでしょう。

ホスファチジルセリンサプリの選び方・ポイント

ホスファチジルセリンサプリは、さまざまな会社が販売しております。そこで当サイト独自のサプリメント購入基準を以下に定めました。

  • 信頼のおけるメーカー、企業が開発したもの(信頼のおけるとは、製造法や安全性が記載されていること)
  • 厚生労働省推奨のGMP認定工場にて製造されているもの
  • 有効成分、含有量がしっかり記載されているもの
  • 極端に安すぎないもの(ただし自社開発・製造・販売している会社は安くても問題ありません)
  • 販売実績があり評判が良いもの
  • 続けやすく実感しやすいもの
ホスファチジルセリン配合サプリ
サポートメモリープレミアム
約30日分 6,150円(税込)送料無料
1日で最大180㎎のホスファチジルセリンを摂取することができるサプリメントになります。
濃度が高く高品質で貴重なホスファチジルセリンがたっぷり含まれています。
タンパク質とともに人間の細胞膜を構成している物質であり多くの食品にも含まれているため安心感があります。
関連記事 「サポートメモリープレミアム」の詳細はこちら

ホスファチジルセリンの副作用

現在販売されているホスファチジルセリンサプリのほとんどは大豆から作られていますが、中にはひまわり由来のものもあります。キク科の植物や大豆にアレルギーがある場合は選ぶ際に注意が必要です。

過剰摂取や併用は注意が必要

副作用の心配はほとんどありませんが、1日300mg以上を継続して摂取すると、胃腸障害や不眠などの症状が出る場合があります。

また、認知症治療などで処方される、抗コリン剤などを服用している場合には、サプリを飲むことで血圧に影響を与え、体調不良を引き起こすことがあります。

神経伝達物質の働きに関するサプリを他に常用している場合も、同様に注意が必要です。他のサプリや薬と一緒に飲む場合は、かならず医師に相談しましょう。

おわりに

ホスファチジルセリンは神経伝達物質の分泌を促したり、シナプスの減少を防ぐ重要な栄養素です。正しい摂取量を摂りいれることで認知症や生活習慣病、ADHDの発症リスクを下げることができます

ホスファチジルセリン配合サプリ
サポートメモリープレミアム
約30日分 6,150円(税込)送料無料
1日で最大180㎎のホスファチジルセリンを摂取することができるサプリメントになります。
濃度が高く高品質で貴重なホスファチジルセリンがたっぷり含まれています。
タンパク質とともに人間の細胞膜を構成している物質であり多くの食品にも含まれているため安心感があります。
関連記事 「サポートメモリープレミアム」の詳細はこちら

「あれ?」と思うことが増えて悩んでいませんか?
年を重ねるにつれ「うっかり」することが増えたら早めに対策することが大切です。
  • 物や知人の名前が出てこない
  • 何度も同じ話をする
  • 忘れ物やしまい忘れがある
  • 家族からの指摘が増えてきた
  • 外へ出るのがおっくうになった
こんな方に当サイトが厳選したおすすめのサプリメントがあります。ぜひ参考にしてください。
認知症対策サプリ一覧

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

Twitter で