介護の123

必見!介護の資格を働きながらでも取得できる4つの方法

(最終更新:2018年1月27日)
必見!介護の資格を働きながらでも取得できる4つの方法

無事に就職・転職することができた場合、次に考えるのがステップアップです。このステップアップに必要なのが資格になります。資格があれば給料も上がりますし、より上を目指しキャリアアップしやすくなるので良いことずくめです。

そこで今回は介護の資格を働きながら取得するポイントについてお伝えします。

介護の資格は非常に豊富にある

介護の資格は非常に豊富にあり、とりあえず何かしらの資格をとろうと思った時に、このあまりの豊富さにどれから手を付けたらいいかわからなくなる人もいるでしょう。具体的に介護にかかわる資格をいくつかご紹介していきます。

介護の資格はこの他にもまだまだたくさんあります。そのため漠然と「何か取得すると転職に有利そうになる資格」と考えるのではなくて、より具体的にこれから行う仕事の経験を活かせるような資格を取得することを意識してください。

関連記事 介護の資格一覧表|種類・難易度・講座料金・受講期間を比較

実務経験年数が必要な資格もある

資格にはただ単にお金を払えば受けさせてもらえるものと、介護福祉士のように「介護福祉士養成施設(2年以上)を卒業された方あるいは3年以上介護等の業務に従事した方」と一定の経験が必要となるものがありますので、いくら知識があったとしてもこの経験が必要になってしまう資格は取得することができないのです。

この経験の部分をよく理解しておかないと、後々泣きを見ることになるので、転職する前に「この会社に就職して働いていたらこの経験を得ることができるからこの資格が取れる」というビジョンを持つことが大切になります。

 格安の資格講座を無料で一括資料請求してみる

働きながら資格を取得する4つのポイント

それではより具体的に仕事をしながら資格を取得するポイントについていくつかご紹介していきましょう。

また具体例では今一番人気のある資格の介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)の資格にてお話させていただきます。

その①介護人材会社を利用する

これがある意味一番大きなポイントです。ある介護求人会社では資格取得のための特別講座が無料で受講することができるサービスがついていることもあるので、この部分がどのくらい充実しているかがカギになります。

資格に対して好意的な企業では、資格講座のセッティングも全てコンサルタントが用意して、仕事のシフトも調整してくれるところもあるので、ここの企業では資格取得成功者がどんどん誕生しています。
無料で資格が取れる!介護専門求人サイトかいご畑

ここまで強力にサポートしていなかったとしても何らかのサポートがあるかないかは非常に重要になりますので、可能なら入社する前に面接などで資格取得に向けたサポート体制の有無を確認するのがいいでしょう。

その②資格講座の受講先をどこにするのか

be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

資格を取得するにあたって、全面サポート体制などが整っていない場合は大抵講座を受講することになるので、どこに行くか悩むことになるでしょう。

例えば介護職員初任者研修の場合は主な講座が通信であったとしても、何日間か学校に通わなければいけないため、通える場所を選ばないとあとで大変なことになってしまうでしょう。

介護職員初任者研修の場合は多くの企業が教室を開いていますが、急な休みに対応するため振り替えなどの融通が利く受講先を選ぶのが妥当と言えます。

また受講料金は非常にばらつきがあって5~10万円が相場となっています。なぜ5万円も差がついているのかというと、これは講師への講師料の差と実技時の介護用品設備の差が理由となっているので、安いから駄目というわけではありません。

 格安の資格講座を無料で一括資料請求してみる

その③資格講座の時間帯をどうするのか

一昔前までは平日の昼間に講座を受講する必要があったため、通いながら取得するのはなかなか難しく、必要な期間が3ヶ月はかかってしました。しかし今では、夜間や土日のみなどの講座もかなり増えてきているので時間帯を選べることができます。

ここで選ぶ必要のあるポイントは「夜間講座」「週末講座」です。働いている方は職場のシフトと照らし合わせて、自分の時間帯にあったほうを選ぶようにしてください。

基本的に夜間講座は介護業界に転職する為に介護業界以外に務めながら資格を取得する方や昼間は手を空けることができない主婦の方、またホームヘルパーとして働いている無資格の方に人気があるようです。

どうしても介護職員初任者研修は実技を学ぶ為に通学する必要が出てきてしまうため、会社帰りにスクールに通う人がたくさんいます。

④通信と通学のメリット・デメリット

それぞれの利点はおそらく皆さんが予想している通りになるのですが、介護職員初任者研修などの介護の資格は一部カリキュラムで何日間かスクーリング(学校へ通う)が付くことがほとんどなので完全な通信制というものではありません。

  通信制 通学制
メリット
  • 好きな時間に勉強できる
  • 何度も通う必要がない
  • 疑問があればすぐ解消できる
  • 同じ仲間ができる
デメリット
  • 疑問があってもすぐ聞けない
  • 資格によって通学がある
  • 通うのがめんどう
  • 交通費がかかる

もし通えるスクールがそばにある場合は両方の利点とメリットをデメリットにかけて、自分に合うものを選ぶようにするといいでしょう。どちらが絶対にいいということはありませんので、自分に合った方を選んでくださいね。

資格についての注意点

介護業界はこれから先も高齢化が進むのでますます需要が高くなる業界になっています。そのため資格取得に関してもいろんな人が注目しているのでさまざまな情報が飛び交っています。

この注目は一般の人以外に国からもされているので、様々な資格に国の手が入り込んで資格受験条件が変わってしまう可能性があります。正式名称が変わる程度ならいいのですが、受験条件が変わるのはかなり大きい問題となります。

そのため、もし資格をとろうとした場合は先に資格の受験資格が変わっていないかのチェックを行ってください。最悪前提となる資格が変わっていたり、資格を受験するための実務経験年数などが変更になる可能性がありますので、受けようとしたときに受験資格すらなかったとならないように事前確認を行ってくださいね。

必見!介護・福祉業界で資格取得をお考えの方

通学・通信講座の内容や料金選びは非常に重要です。

  • 格安のスクールが見つかる
  • ユーキャン・ニチイなど有名通信通学講座が盛り沢山
  • 希望の講座を無料で一括資料請求
  • 家から近い学校が見つかる
  • 夜間・土日カリキュラムも充実

自分にピッタリの通信・通学講座が必ず見つかります。ぜひ参考にしてください。

無料で資料請求してみる

Twitter で
(最終更新:2018年1月27日)