介護の123

社会福祉士とは?通信講座・受験資格・給料・求人・合格率を検証

(最終更新:2017年11月2日)
社会福祉士とは?通信講座・受験資格・給料・求人・合格率を検証

1950年代より社会福祉士が活躍されていました。社会福祉士の定義は、

専門的知識及び技術をもつて、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者、又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連絡及び調整その他の援助を行うことを業とする者

とされており、1987年に国家資格制度として制定されました。

社会福祉士の仕事内容

身体・精神・経済的に困難な方への相談支援

社会福祉士とは、国家資格の一つで、通称PSW:(Psychiatric Social Worker)読み方:サーティファイドソーシャルワーカーと呼ばれています。

身体や精神に障害があったり、現在の環境によって日常生活を送ることが困難な人の福祉に関する相談に乗り、助言や指導などを行う仕事になります。

具体的には、高齢者への介護保険制度内容やサービスについて説明や紹介、身体障害者や精神障害者の地域生活の相談、施設の情報提供・紹介、児童の施設紹介・育児指導・相談などを行います。

福祉・医療・介護関係者と連携して援助する

こうした相談や援助の業務では、医師や看護士などの医療関係者や児童相談員や児童福祉司などの児童関係者、介護福祉士や作業療法士、理学療法士などの福祉関係者などと連携・協力をして援助を行います。

利用者や家族と密接に関わることが多いため、博愛精神を持ち、利用者の気持ちに寄り添い、相談や助言を行い、利用者本人やその家族が主体的に動くことができるように必要な支援・援助をし、社会福祉を担う重要な役割になっています。

要チェック  「社会福祉士の通信講座」はこちら

社会福祉士の将来性

今後より注目される福祉職

社会福祉士は社会福祉に関する問題に特化しているため需要は今後、どんどん増えてきます。高齢化社会を迎え2025年には団塊世代が65歳以上になるため介護問題がより一層増加すると見込まれます。

児童では、昨今ネットいじめやLINEいじめによるトラブルが急増、そのほか家庭内暴力、不登校など親や教師が手におえないところまできています。そのため、子供への心のケアが必要とされます。

社会福祉士の登録者数

介護福祉士と比べると登録者数に大きく差があります。しかし、それでも少しづつではありますが、年々登録者数は増加傾向にあり、社会福祉士を必要としている人たちへの担い手となる重要な資格です。

介護福祉士年間グラフ

社会福祉士の就職先

社会福祉士はどのような働き先があるかというと

  • 医療機関(総合病院、リハビリテーションセンター、診療所など)
  • 生活支援施設(グループホーム、地域活動支援センター、自立訓練事業など)
  • 保健施設(保健所、保健センターなど)
  • 福祉施設(児童福祉施設など)
  • 身体障害者施設(重症心身障害児施設 障害者更生施設など)
  • 司法施設(保険観察所、矯正施設など)
  • 就労関連施設(ハローワーク、復職支援関連施設、就労支援施設など)
  • 行政機関(市・区役所)
  • 小学校・中学校(特別支援学級)
  • 社会福祉協議会、地域包括支援センター、福祉事務所

など福祉・医療だけでなく行政機関や学校など幅広い業界で働くことが可能です。

どの職場に行っても利用者様との信頼関係が非常に重要であり、ひとりひとりの悩みをわかりやすく解決し、相談業務に対応することが求められてきます。

関連記事 「社会福祉士」の就職・転職探しはこちら

社会福祉士の給料

月給は15万〜26万円

社会福祉士の資格を持っている人の給料は、おおよそ月給が15万〜26万円となっていて、年収にして250万円〜500万円となっており、非常勤の場合は、時給900円~1400円くらいが相場になっているようです。

給料 金額
月収 15万〜26万円
年収 250万円〜500万円
時給 900円~1400円

社会福祉協議会などの行政機関では、扶養、住宅、通勤、特殊勤務、夜勤、宿直などの手当が付いてきます。民間でも公務員と同等の手当てが付きます。そのほか、賞与の支給や退職金が補償されます。

社会福祉士の資格取得のルート

一般的には、高校卒業後、介護福祉士の養成施設に進学し、卒業と同時に取得する場合と、所定の実務を終えて試験を受験し、合格して取得する場合の2つに分かれます。

社会福祉士の資格取得ルートは非常に細かく分かれていて、「学校へ通う」「養成施設で経験を積む」「通信講座で通う」など様々なパターンで以下の12通りのルートがあります。

  • 福祉系の4年制大学(指定科目履修)を卒業
  • 福祉系の4年制大学(基礎科目履修)を卒業 短期養成施設等を6ヶ月以上経験
  • 福祉系の短期大学・専門学校等(3年制の指定科目履修)を卒業 相談実務を1年経験
  • 福祉系の短期大学・専門学校等(3年制の基礎科目履修)を卒業 相談実務を1年経験 短期養成施設等を6ヶ月以上経験
  • 福祉系の短期大学・専門学校等(2年制の指定科目履修)を卒業 相談実務を2年経験
  • 福祉系の短期大学・専門学校等(2年制の基礎科目履修)を卒業 相談実務を2年経験 短期養成施設等を6ヶ月以上経験
  • 一般の4年制大学を卒業 一般養成施設等に1年以上通学
  • 一般の短期大学・専門学校等(3年制)を卒業 相談実務を1年経験 一般養成施設等に1年以上通学
  • 一般の短期大学・専門学校等(2年制)を卒業 相談実務を2年経験 一般養成施設等に1年以上通学
  • 相談実務を4年経験 一般養成施設等に1年以上通学
  • 社会福祉主事養成機関 相談実務を2年経験 短期養成施設等を6ヶ月以上経験
  • 児童福祉司・身体障害者福祉司・査察指導員・知的障害者福祉司・老人福祉指導主事どれかの実務4年 短期養成施設等を6ヶ月以上経験
4年制学校の昼間部
学費 初年度納入金、入学金、受講料など
合わせて総額約100万円前後
2年制学校の夜間部
学費 初年度納入金、入学金、受講料など
合わせて総額約60万円前後

とりあえず、一般の大学や短大を出ている方で今は社会人や主婦をやっている方がこれから目指すなら、必ず短期もしくは一般養成施設を卒業する必要があります。

社会福祉士の試験内容

社会福祉士の国家試験の内容は以下になります。

試験日 毎年 1月下旬~2月上旬ごろ(2017年は筆記試験1/29日)
申込書受付 9月~10月初め
試験会場 ■筆記試験
24都道府県
北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県
東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、愛知県
京都府、大阪府、兵庫県、島根県、岡山県、広島県
香川県、愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県
受験資格 上記参照
受験科目 ■筆記試験
◆午前
 1. 人体の構造と機能及び疾病
 2. 心理学理論と心理的支援
 3. 社会理論と社会システム
 4. 現代社会と福祉
 5. 地域福祉の理論と方法
 6. 福祉行財政と福祉計画
 7. 社会保障
 8. 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
 9. 低所得者に対する支援と生活保護制度
10. 保健医療サービス
11. 権利擁護と成年後見制度
◆午後
 1. 社会調査の基礎
 2. 相談援助の基盤と専門職
 3. 相談援助の理論と方法
 4. 福祉サービスの組織と経営
 5. 高齢者に対する支援と介護保険制度
 6. 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
 7. 就労支援サービス
 8. 更生保護制度
受験料 ・社会福祉士のみ受験する場合:7,540円
・社会福祉士と精神保健福祉士を同時に受験する場合:6,830円
・社会福祉士の共通科目免除により受験する場合:6,360円
試験方式 筆記試験は5肢択一式のマークシート方式
午前中83問、午後67問の計150問が出題
試験時間 1日目 → 専門科目 2時間15分
2日目 → 共通科目
1時間45分
合格基準 学科試験の合格基準は例年総得点の60%程度で合格となります。
配点は、1問1点の150点満点
合格率 26.9%(過去10年間の平均)
合格発表 3月中旬 ホームページまたは受験地にて受験番号を掲示
お問合せ 社会福祉振興・試験センター
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-5-6 03-3486-7559(音声案内24時間対応)

社会福祉士の合格者状況

社会福祉士の合格率は見ての通り極めて低く、合格するためにはかなり難解であります。筆記試験のみなので、通学・通信講座を受講することが有効です。

  受験者 合格者 合格率
第23回  43,568 12,255 28.1%
第24回 42,822 11,282 26.3%
第25回 42,841 8,058 18.8%
第26回 45,578 12,540 27.5%
第27回 45,187 12,181 27.0%

社会福祉士の資格講座

社会福祉士の資格を取得するには、非常に簡単で通信講座を受講すればOKです。

注意ポイントや事例を基に受講内容を学習してレポート課題を提出します。

参考までに一部スクールの通信講座を紹介しますので資格取得の参考にしてくださいね。

スクール名 聖徳大学通信教育部
講座種別 通信講座
送付物 安心して学習できるよう、学習指導書を組み込んだ
「オリジナル教科書」や「聖徳通信」(月1回)を送付
受講料 入学金:30,000円
受講料:190,100円(総額制・税込)

※190,100円は初年度納入金額になります。
(入学金含む)他諸費用あり。
詳細は募集要項参照。

受講期間 約48ヶ月
対象者 社会福祉士国家試験合格率が通信制大学の中で
1位(第28回71.4%通信制・新卒)
福祉のプロを目指す方にお勧めの学科です。

要チェック  「社会福祉士の通信講座」はこちら

必見!介護・福祉業界で資格取得をお考えの方

通学・通信講座の内容や料金選びは非常に重要です。

  • 格安のスクールが見つかる
  • ユーキャン・ニチイなど有名通信通学講座が盛り沢山
  • 希望の講座を無料で一括資料請求
  • 家から近い学校が見つかる
  • 夜間・土日カリキュラムも充実

自分にピッタリの通信・通学講座が必ず見つかります。ぜひ参考にしてください。

無料で資料請求してみる

Twitter で
(最終更新:2017年11月2日)